ロストマン

f:id:tureture30:20190302080012j:image

 

「状況はどうだい?僕は僕に尋ねる」

 


進んでいる気になっているばかりで、

あまり本質的には進んでいないな。

 


「結婚したい」なんて、

少し前までは本気で思っていたけれど、

思えば思うほど苦しくもどかしい。

 


そこから逃げるように、

理論武装で自分を言いくるめて、

今では心の置所すら不確かだ。

 


「歩んできた道の正しさを祈った」

 


これでいいのか。

このままでいいのか。

選択は間違っていなかったのか。

 


過去に足を引っ張られて、

現実に無力さを痛感させられて、

どうやら前にも後ろにも進めないようだ。

 


「迷子って気づいていたって、気づかないふりをした」

 


目の前のことに集中して、

努力を積み重ねていれば、

いつかきっと花開くはず、

 


そうやって「努力」を心の拠り所にして、

「努力」の先が示すもののことは、

考えても仕方がないって言い聞かせていた。

 


「破りそこなった手作りの地図、シルシをつける現在地」

 


今更いくら愛の言葉を並べたところで、

もはや手遅れ、

 


上から別の何かを塗っても塗っても消えてくれない過去、

次に進むためには過去を受け入れて、

自分の居場所をしっかりと確認しないと、

 


どんなに遅くなったって、

準備ができるまでは始められない。

 


「ここが出発点、踏み出す足はいつだって始めの一歩」

 


ようやく踏み出した一歩、

その正しさに自信はない。

 


それでも進むしかない。

はじめはゆっくりでいい。

 


地面の感触を確かめながら、

しっかりと大地を踏みしていることを確認して、

 


次の一歩は少し大きくしてみようか。

 

怖いのは当たり前、

大丈夫、

軸足はしっかりと大地を踏みしめている。

ちゃんと確認したはずだろ?

 


ほら大丈夫だった。

 

顔を上げると、

いつもと同じ景色がなんだか少し違って見える。

 

環境ではない。

自分の心次第、

 

「間違った旅路の果てに、正しさを祈りながら」