覇王色の覇気

f:id:tureture30:20190303085351j:image

 

ONEPIECE』の世界で100万人に一人が持つ特殊能力、

これを持っていると王になる資質があるらしい。


実際これに近いものを持っている人っているな。

最近思った。


人を使うことに慣れていて、

的確な指示と進捗管理

上から見ても軽々しく扱えない雰囲気、

発言すると周りが自然と耳を傾ける。

沈黙というか間にすら漂う風格、

それでいて飾らず爽やかで頼み事をされやすい。

おまけに女子からは隠れモテ、


風格があるのに親しみやすい。

このパラドックスはどうやったら生み出せるか。


「親しみやすさ」は大きな武器、

こういう人種にとっては些細なことがチャンスなのだから、


こういう人って、

自頭の良さだとか、家柄、家庭環境など、

資質というのもあるかもしれないけれど、

「人生の密度」が違うのだろうと感じる。


同じことに取り組んでも、

どれくらい真剣に取り組むかで、

その人が得るものは大きく変わる。


そういう積み重ねで生きてきたのだろう。


結局、大事なことは

「地道に積み重ねること」


イチローの言葉、

「努力せずにできる人を天才というのならば、僕はそうじゃない。

努力した結果できるようになる人を天才というのならば、僕はそうだと思う。」


「どう生きてきたか」

それが今の自分を形作る。


そう信じることができるならば、

苦しい今を乗り越えられるはず、


些細な日常から少しでも多くのことを吸収しよう。

立ち止まってはいけない。

無為に時間を過ごしてはいけない。

それが「上手に踊る」ということなのかもしれない。


必要以上に過敏になることはないけれども、

もう少し主体的に生きたい。