6月のことを振り返ってみる

f:id:tureture30:20190701065015j:image

 

5月に大きな喪失感に包まれて、

はじめは打ちひしがれていたけれど、

「そうなるのだろうな」って、

ある程度の覚悟はできていたから、

10日も経たないうちに大きく動き出した。


すると不思議なもので、

環境もそっちに引き寄せられていく。


ガチ婚活、


6月だけで6人の恋人候補と会った。


過去に足を引っ張られて進めなかったから、

なかなか気がつかなかったものだけれども、

勇気を出して一つ高いところに登ってみたら、

思ったよりも世界は見晴らしが良かったみたい。


形にこだわっていた。


だけれどもそんなものは壊して、

なりふり構わないで、

がむしゃらに貪欲に出会いを求めてみた。


そうせざるを得なかったから、

そうしないと押しつぶされてしまいそうだったから、


気がついてみると、

私って意外と悪くはないようで、

多くの方に好印象を持ってもらえたみたい。


完全に自信を失っていたものだから、

少し救われた。


貴重な時間を割いてまで会って頂いた、

全ての方に感謝している。

取り持ってくれた方にも、


そうやって出会いを求める中で、

先に進めそうな人と出会えた。

少なくとも私がそれを望む相手と、


一つ扉を開けてみて、

ようやく次の扉に手をかけたところ、


新しい世界は際限なく続いていて、

その扉に手をかけるたびに、

臆病な心との勝負になる。

 

過去は後ろから迫ってくるのだ。

足を引っ張ろうと何度も手を伸ばしてくる。

 

こっちの方が、

「居心地がいいよ」って、

そんな甘い言葉を囁きながら、


そこから逃れるためには、

幸せのシャワーを浴びて、

心の底から満たされるためには、

歩みを止めてはいけないのだ。


いくら居心地がよくたって、

「満たされない」


決して満たされないのだ。


欲しいものを諦めて、

それを得るための苦労から逃げて、

それを持っている人に嫉妬して、


代替物で満たされた気になる。


望んでも手に入らないものはある。

だけれどもそうではない。

それを自分でわかっているから、

どうしたところで満たされない。

 

向き合うしかないのだ。

自分の弱いところと、


臆病に支配されて、

心を手放してはならない。


しっかりと掴んで、

行きたい方向に一緒に連れて行かないと、

心は明後日の方向に逃げ出してしまう。


自分の心を希望に導いてあげる。

それができるのは自分だけ、


安易な方に流されて、

肝心なところで宝をつかみ損ねる。


そんな人生はもう嫌だ。