言いなり人生

f:id:tureture30:20200410070126j:image

 

蛍こい。

こっちの水は甘いぞ、

こっちの水は苦いぞ、

蛍こい。


何でもかんでも誰かの言いなり、

何を決めるにしても誰かの目ばかりを気にして、


誰の人生を生きているのだろうね。


自分の中に明確な基準がないから、

大事なことを決める時でも、

誰かに任せてばかりいたから、

だからそういうことになる。


どんなにそれが素晴らしいものであっても、

何かに、そして誰かに、

自分の人生を委ねてはならない。


口先だけでお題目を唱えていても、

それが誰かにやらされていることならば、

それに大した意味などない。


自分の人生に何を掲げて、

何を行動規範として、

誰と共に生きるのか。


何かを参考にするのは構わないけれど、

「心が震えるような経験」


そういうものを放棄してしまうと、

結局は「カタチだけ」なんじゃないかな。


涙で地を固めるのだ。

そこに自分の意思がないと、

涙を流すことはできない。


「泣くような思い」


きっとそれが試金石になる。

 

すぐに泣くようならば、

それは未熟な証拠、

だけれども成長できるという証拠でもある。


何度も涙を流せばいい。

枯れてしまうくらいに、

何度も、何度も、何度も、

涙を流せばいいのだ。


そして涙が枯れてしまったならば、

右足を少し前に踏み出してみればいい。

しっかりと大地を踏みしめると同時に、

その反動で自然と左足も前に出るはずだから、

 

「二足歩行」は次の一歩を踏み出すための進化、

四足歩行だと立ち止まってしまう。

人類の進化は立ち止まることを許してはくれないのだ。

 

ゆっくりと、

だけれども着実に、

自分だけの道を進むのだ。


ステレオタイプではない、

自分だけの道を進むのだ。


心を震わせるような経験もしないで、

泣くような思いもしてこないで、

誰の人生を生きているんだか。


この道は誰のものでもない。

私だけのもの、


そう胸を張って進んでいける。

そういう道を歩みたい。


誰かが舗装した道だけを、

のうのうと死ぬまで歩き続けるなんて、

私はまっぴらだ。