「自分を納得させてあげるため」に努力する

f:id:tureture30:20201018084944j:image

 

「報われない努力」


そういうものは一定あって、

いや、一定どころか多くはそうで、

「報われない」たびに打ちひしがれる。


だけれども、

うまくできているもので、

「これだけやったのだから仕方がない」

 

「努力」というものが、

そうした「セーフティネット」になってくれるのだ。


何も行動を起こさないで、

いつまでも悶々とし続ける。

私はそういうことには耐えられない。


何度か書いているけれど、

私は「努力中毒」で「努力依存症」だ。


「努力していないと、自分を認めてあげることができない」

 

そうやってやりすぎて、

前にメンタルをやってしまった。


無理の効かない体になってしまったものだから、

体と相談しながらだけれども、

それでも私は「努力」をやめることができないのだ。


コウペンちゃんが言うように、

「生きているだけでえらい!」

確かに生きているだけで大変だ。

すごい努力しているのかもしれない。


だけれども私には私の「理想」があって、

「生きていること」の中に、

それに向かって進んでいるという実感が必要なのだ。


20代後半の頃の話、


1年を振り返ってみて、

「人生で一番成長を実感できなかった1年だな」

そう思ったことがあった。


新しいことには挑戦していたし、

かなり攻めた旅行にも行った年だった。


それでも「成長を実感できないと感じる」

なんとも不思議に思った記憶がある。


「理想」ってものは、

言葉にしてあげないとわからない。


誰しも胸の中に秘めていて、

事あるごとにそれを取り出しては、

「現状とのギャップ」に一憂するけれど、

喉元過ぎれば熱さを忘れてしまうのだ。


私はここしばらく「誠実」という看板を掲げて、

「人をなるべく道具として見ない」

「自分の人生を愛する」


そんな言葉にして生きている。


そして「理想」と「自分の行動」とのギャップに気が付いては、

それを戒めたり、戒められなかったり、

それを繰り返している。


「前に進んでいる実感が欲しいのだ」

だから「努力」する。


そして10回に1度でも成果が上がれば、

自分を認めてあげられるし、

うまくいかなかった9回は、

「自分を納得させる」ために必要な糧になる。


前のように潰れてしまったら問題だけれども、

私にとっては「努力する」こと自体に意味があるのだ。


「成果」に一喜一憂することなく、

「やるべきことをやり続ける」

そういう日々でありたいと思う。


悶々とし続ける苦しみよりも、

例え打ちひしがれたとしても、

「報われない努力」を続けるほうが、

私の人生らしいのだ。


「自分」になるために今日も生きよう。