SNSの闇

f:id:tureture30:20190321082632j:image

 

今クールのドラマを見ていて、

やけに目についたテーマ、


私が見た範囲だけでも、

『3年A組』を筆頭に『トレース』や『QUEEN』でも言及されていた。


SNSの闇」


時代の流れなのか。

見ていて気持ち悪いくらい同じような描写で、

吹き溜まりのような悪意をリアルに「悪」として映し出す。


使い方を間違えれば、

どんなに便利な道具も人を傷つける凶器となる。


そんなテーゼが見え隠れする。


気に食わないものを乏しめて、

相対的に自分の価値をあげようとする。


鬱憤を晴らすために、

世間様から叩かれている誰かを叩くという、

「正義」に便乗する。


自分よりも恵まれない人を見て、

自分はまだまだ大丈夫だと安心することだってある。


「自分の価値を信じられないからそうなる」


世界が狭くなりすぎて、

ライバルは60億人、


それだから人と比べては自分の立ち位置を確認し、

いちいちそれに一喜一憂する。


「5G」

今年は通信環境にイノベーションが起こるといわれるはじめの年、

これから先はますます世界は狭くなるだろう。


だからこそ、

「軸」となるものを確立しなければならない。


私の場合は、

「誠実であること」

「人を道具として見ないこと」

「合理的であること」


今のところは、

上から優先して、

これを軸に「自分のやり方」というシステムを構築している。


フレームワークがしっかりしていないと、

拡張性の乏しいシステムが出来上がってしまう。


私がこれまでに構築してきたシステムは、

一つの価値観に偏りがあったのだろう。

拡張性に乏しかったのだ。


どんなに素晴らしいものであっても、

それに傾倒しすぎて、

自分の存在価値を委ねてはならない。


何度も同じようなことを書いているが、

戒めのように自分に言い聞かせている言葉、


フレームワークは模倣品でもいい。

だけれどもシステムの構築まで誰かに任せてはいけない。


パッケージ化されていれば、

そりゃ便利で手軽なもの、


それを購入して、

「これが私の価値観です」


安心安全お手軽で、

おまけに同じコミュニティでは称賛される。


自己承認欲求を満たすとともに、

他者からも承認される。


便利すぎて涙が出てくる。


だけれども、

拡張性に乏しい。

そしてどうしたって排他的になる。


その価値観にそぐわないものや、

異を唱えるものに対しては、

「対応できません」って、

思考停止して遠ざけるようになる。


「本当にそれでいいのかな?」


今の自分を自分に問い続けられなければ、

そこで試合終了してしまう。


あたかも

「これが自分の価値観です」って、

そんな顔をしていたって、

ちょっと突っ込まれたら説明できなくなる。


それではちょっと虚しいでしょ。


ドラマを見ることも、

映画を見ることも、

本を読むことも、

ブログを書くことも、

そのための作業なのかもしれない。


「私はこういう価値観で生きています」って、

誰にでも臆せずに語れるようになりたい。


悩み苦しむごとに、

それは変わるかもしれないけれども、

その経緯を含めて、

説明できるようになりたい。


話が尽きないほど、

生き生きと、

本当に楽しそうに、

 

そうなりたい。


そうすれば周りに何を言われようと、

どんな道具を使っていようと、

自分らしくいられるのだろう。


それが私の目標なのかな。