過剰な自意識との付き合い方

f:id:tureture30:20190409065328j:image

 

自分が不当に扱われているだとか、

誰かに付きまとわれているだとか、


傷ついた経験をするほどに、

自分の価値を信じられなくなる。


そこから生まれるものが過剰な自意識、


ある程度の自意識は必要なもの、

それがないと周りの目を気にしなくなってしまうから、

努力をしなくなってしまうから、


だけれども、

それが過剰になってしまうと、

何に対しても不満しかなくなってしまう。


周りから見た自分を正しく認識しなければならない。


過大評価しすぎてもダメだし、

過小評価もダメ、

見る人によってもぜんぜん違う。


自分の立ち位置を正確に把握することはとても難しいこと、


部分的にはできたとしても、

その全体を正確に把握することはできないのかもしれない。


それならばできることは、

「感謝」と「誠意」を忘れないこと、


そして、

それを使う自分に酔わないこと、


「感謝」と「誠意」を評価されるための道具にしていたら、

そこから得るものには「虚しさ」がついて回る。


当たり前のように、

「感謝」と「誠意」が滲み出るようになれば、

自意識になど振り回されないで済むのだろう。


だから、

自分が不当な扱いを受けているように思えたら、

使い捨てにされていると思ったら、

世の中への不満が募る一方ならば、


そういうときこそ逆に、

「感謝」と「誠意」を忘れないようにしたい。


だけれども、

それを使いこなしてはいけない。


いつまで経っても、

感謝しようとして感謝したって、

誠実であろうと思って誠意を見せたって、

自分は偽りに気づいている。


滲み出る

「感謝」と「誠意」


それを手にするには地道に、

とにかく地道に、

自然とそうあり続けるための修業が必要なのだろう。


社会的な立場が低くたって、

異性から選ばれなくたって、

魅力的な人はたくさんいる。


一緒にいて安心できる人って、

信頼できる人って、

きっとそういう人、


何かを得るためにズルくなるよりも、

そこから少し離れて、

過剰な自意識を少しでも手放したい。

 

どこまでも不器用に、

「感謝」と「誠意」にまみれた人生でありたい。


それは少しばかりの報酬を得るよりも、

きっと人生に大きな充実感を与えてくれるはず、