「生きる」を深掘りするということ

f:id:tureture30:20190607065958j:image

 

ただなんとなく時を過ごしている。

もちろんそれが心地よい時期もある。


だけれども、

それだけでは物足りなくなってしまう時がある。


そういう時に人は考えるのだ。


今までの人生を振り返ったり、

書物を読み漁ったり、

人と議論を戦わせたり、


そういう中で、

「答え」らしきものが芽生えてくる。


「こうやって生きていけばいい」


だけれども、

その生き方も使い古してしまうと、

また物足りなさを感じるようになる。


その繰り返し、


ああでもないこうでもないって、

試行錯誤して、

「生きる」を深掘りしていく。


そうやって生きている人って、

いろいろな人の気持ちがわかるようになる。


多くの人が、

「生きる」を深掘りする。

その作業を何度も経験している。

 

辛く苦しいことだけれども、

その作業を多く経験するほどに、

その人「固有」の人生を形作る。


それって、

満たされていたら味わえないこと、


「悩みがあるから輝ける」


何度も何度も、

「自分の生き方」を見つける作業を、

繰り返して、失敗して、傷ついて、


そうやって、

「生」を実感する。


楽しければいい。

ただ幸せであればいい。


なんとなく、

それだけでは満足できないのが、

人間ってものなのかもしれない。


だからどんな経験も、

その人にとっては必要なこと、


今の苦しさも、辛さも、涙も汗も、

必要だから仕方のないこと、


日によって体調も違えば心も違う。

辛い時って、辛いことがいつまでも続くように思えるけれど、

辛いことはいつまでも続かない。


だから、

まずは今日を乗り越えよう。


人生って、その繰り返し、