心の傷

f:id:tureture30:20190620062616j:image

 

目には見えないけれども確かに存在する。

消えてはくれない胸の痛みがその証拠、


「悪気はなかったんだよね」


そういう問題ではない。

傷つけられた方は忘れたくても忘れられない。


時が経つほどに、

痛みは和らいでいくけれども、


切り傷や擦り傷、

ひっかき傷とは違って、

どんなに小さな傷であっても、

決して消えてはくれないのだ。


ふとした時に、

思い出の何かをきっかけにして、

記憶が蘇る。


そのたびに、

鈍い痛みを感じては、

その痛みの源に思いを馳せて、


つらい気持ちになったり、

情けない気持ちになったり、

それと同時に懐かしい気持ちになったりする。


体に傷があろうものならば、

「大丈夫?」って、

みんな心配してくれるけれども、


心の傷は目には見えないものだから、

自分から外に出さないと誰も心配してくれない。


時には涙という形で、

時には言葉という形で、

あまりよろしくはないけれども、

どうしようもない時は態度という形で、


心の傷は、

命に及ぶこともある。


だから、

遠慮なんてしないで、

今の自分にできる精一杯の形で、

外に出してしまえばいい。


外に出せなくなってしまってからでは手遅れ、


消えてはくれない傷を背負いながらだけれども、

いっしょに背負ってくれる人が増えれば、

少しは痛みが和らぐでしょ。


愛って、

友情って、

時には薬にだってなる。


だから、

それって、

何かを得るための犠牲にしてはならない。


愛って、

友情って、

生きるために失ってはならないもの、