世界観を共有できる人

f:id:tureture30:20190619065334j:image

 

いろいろな女性と接する中で、

好みのタイプとして浮かんだ条件、


私は散歩していても、

何気ない物事に情緒を感じるし、

気になることがあると、

その背景を考察して仕組みを紐解こうとする。


例えば、

ふと見上げた木々の隙間を覗く木漏れ日に安らぎを感じたり、


目の前を歩くカップルが、

今にも手をつなぎたそうにしているのにつながない。

そのもどかしさを冷やかしたい気持ちに駆られたり、


子供を後ろに乗せて自転車を漕いでいる母親の、

子供を諭すように話しかけながらも、

自分の愚痴を発散している姿に、

子育ての大変さを感じたり、


タピオカのお店に並んでいる人たちの行動心理を考察したり、

立地条件や原価から店の利益を推測したり、


何気なく道を歩いているだけでも、

そんな事を考えている。


要は「めんどくさい」のだ。

世界の出来事に興味がありすぎて、

いちいち色々なものを観察してしまう。


だけれども、

そんなことを隣りにいる誰かに話しても、

多くの場合は「ふーん」で終わってしまう。


それってあまりにも寂しい。


「今同じことを考えていたの」


そんなことを言われたら、

一発で好きになってしまいそう。


男は視覚に惑わされやすいから、

容姿だったり、

年齢だったり、

立場だったり、

あるいは雰囲気だったり、


それも大事な要素だけれども、

「世界観を共有できること」

それが心のつながりになるのかもしれない。


こんな「変わり者」と、

同じような「変わり者」


そんな人に巡り会えたのならば、

何をおいても一緒にいたいと思うだろう。


容姿や年齢は、

条件のほんの一部、


性格が似ていても、

居心地がいいとは限らない。


だから、

居心地の良さって、

「同じように世界を見ていること」

なのかもしれない。


ドラマ『ミラーツインズ』


同じ過酷な環境に身を置く中で培われた男女の心のつながり、

見ている方向が徐々にずれてしまって、

男は「復讐」、女は「幸せ」を望むようになる。

そうなると行く先は全く違ったもの、


サン=テグジュペリ

「恋愛はお互いを見つめ合うことではなく、

ともに同じ方向を見つめることである。」

 

ということは、
「夫婦とは互いに見つめ合う関係ではなく、

同じ方向を見て歩みを進めていく関係」


きれいで思いやりがあって、

スタイルが良くて優しくて、

世界観を共有できる。

おまけに胸が大きい。


そんな素敵な人との出会いがあればいいな。


そして、相手にしてもらえるように、

自分を磨かないといけない。