裸の自分

f:id:tureture30:20190621065321j:image

 

爽やかで人目を引いて、

女性から自然と声をかけられて、

漫画『君に届け』の風早くんのような、

そんな人がいる。


「私にはないものだな」

そう思った。


だけれども、

そう装うことはできる。


「人懐っこさ」と「笑顔」

それを身にまとって、

「爽やか」を演じればいい。


それが女性のニーズなのだろうから、


いや、

ちょっとまてよ。


まとったはいいけれども、

外し方がわからないな。


「人懐っこさ」と「笑顔」


それが体にフィットして、

どうやって外したらいいのだろう。


ファスナーは見当たらないし、

破ろうとしても破れない。


まあ、損するものでもないし、

身につけておいたままでもいいか。


漫画『寄生獣

何かと混じってしまうのだ。


どこからが自分で、

どこからが装備かわからない。


「裸の自分」


自分の弱いところ、

強いところ、

それをしっかりと自分がわかってあげること、


装備は増える一方だから、

たまには裸にならないと、

疲れてしまうでしょ。


裸の自分になる方法、

なれる場所、

そしてそれを受け入れてくれる人、


それが心を癒やしてくれる。


アロマよりも、

岩盤浴よりも、

マッサージよりも、


裸の自分でいられること、


そのほうがきっと、

明日への活力につながる。


裸になって…

体を重ねる…

人には見せない姿を見せあって…

心の柔らかい場所を探りあって…


それってきっと、

とても癒やされることなのだろうな。