愛の言葉

f:id:tureture30:20190705065328j:image

 

「かたち」は色々あるけれど、

「好き」の気持ちがこもっていれば、

それは例外なく愛の言葉、


「忙しいよね。体は大丈夫?」から、

「私と一緒にいると不幸になってしまうよ」まで、


愛の「かたち」というものは色々ある。


「かたち」の捉え方が違うから、

誤解を招いてすれ違うこともある。


そんな時に、

まっすぐな気持ちを伝えることができるか。


それが問われることになる。


誰にでもわかる愛の言葉、

「愛している」だとか「好き」って言葉、


それを簡単に使ってしまうと、

その価値は下がってしまうけれど、

いざという時に使えないと、

後悔は先に立たない結果となる。


愛する人に対しては、

普段から「愛の気持ち」を込めて接すること、


そうすれば、

いざというときのまっすぐな愛の言葉を、

相手はすんなりと受け入れてくれるはず、


人は個体が変われば別の生き物かもしれないけれど、

わかり合えないことなんてない。


みんなが誰かと愛し合いたくて、

心を通わせたくて、

優しくなりたくて、


そんな気持ちに飢えているのだから、


傷つくことが怖いから、

その気持ちを素直に表現できない。


「あなたの愛を受け止める準備はできているよ」


その姿勢を示してあげれば、

相手だって惜しみなく愛を表現してくれるはず、


人って、

みんな不器用で、

傷つくことを過剰に恐れて、

その結果として誰かを傷つけてしまう。


恐れることなく、

愛の言葉を伝え合う。


そんな安心感を共有できたならば、

うまくいかないはずがない。


「安心して愛すること」

それが「安心して愛されること」


自分の気持ちを差し出しもしないで、

相手の気持ちばかり受け取りたがる。


そんな虫のいい話が通用するのは、

超絶イケメンか絶世の美女だけなのだ。