女性不審の正体

f:id:tureture30:20200308124712j:image

 

私は自分に対して厳しいのと同じくらい、

他人に対しても厳しいのだろう。


上辺はうまく取り繕うけれども、

心では相手を認めていない。


だから恋がうまく行かない。


よく「優しい」と言われる。

「優しすぎる」と言われることも珍しくない。


だけれども「優しさ」って、

ある意味では「あきらめ」の別の形、

相手にあまり期待していないのだ。

求めているものが少ないから、

だから誰に対しても優しくできる。


私が女性を好きになる時って、

「すごいな」がきっかけだったりする。


ある一面で「すごいな」って思うと、

そこから目で追うようになり、

気がつくと好意に変わっている。


そういう習性の持ち主だから、

女性から好意のようなものを寄せられても、

それを受けての自分の気持ちを固めるまでに時間がかかる。


おそらく目で追う方が先になって、

「すごいな」を見つけ出そうとするのだろう。

そうやって時間をかけて目で追って、

気持ちの固まる頃には相手は冷めている。


その繰り返し、


一途にまっすぐに、

私の気持ちが固まるのを待ってくれるような、

そんな女性はいないのだ。


「結婚」という名の列車にに乗り遅れないように、

みなさん取っ替え引っ替え可能性を探っているみたいだから、


私のやり方はおそらく現代に馴染まない。

だからチャンスを逃し続けるのだ。

 

だからここ最近は「とりあえず彼女を作らないと」って焦りから、

無理に好きになろうとしていたのかもしれない。

だけれども結局はうまくいかない。


そうこうしているうちに、

大した経験も重ねてこないで、

私の市場価値はどんどん下がる。


年齢って男でもなんだかんだ大事なんだな。

婚活を重ねてそう感じた。


年相応の経験を重ねていない。

だからデートをしても相手は不安を感じてしまうのかな。


もはや八方塞がりだ。

やるべき時にやるべきことをしてこなかった。

今更取り返すことはできないのかな。


意識しないと仲良くできるのに、

だから好意のようなものを寄せられるくらいにはなる。

意識すると途端にうまく接する事ができない。


今ではその自意識が広がって、

女性不審にまで陥っている。


「私の女性を見る目」


それをどうにかしないと、

もはや先には進めないな。


傷つくことに敏感になりすぎて、

不誠実さのかけらが見えるだけで、

「クソ女」ってそういうレッテルを貼る。


「処女性」


女性はどこか清らかなものって、

そう思い込んでいたのかな。


私の女性に対する神秘のベールは剥がれてしまった。

そこから先に見えたものは地獄だった。


どうやら末期みたい。


剥がれる前に誰かと一緒になれれば良かったのかな。

それはそれで地獄なのかもしれないけれど、

諦めがつくってものだ。

 

詰まるところ、

自分で作り上げた世界で、

ぬくぬくと生きていた私が悪いのだ。

 

こうなってくると、

一人で生きる道を模索した方が幸せなのかもしれない。