惚れさせる自信

f:id:tureture30:20190730070147j:image

 

自分といて楽しいと思ってもらえること、

そんな雰囲気を恥ずかしがらずに演出すること、

そういう事ができるかどうか、

 


ほとんどの人は日常に疲れている。

だから「特別な時間」を求めている。

 


二人で合う時間が、

そんな「特別な時間」であれば、

自然と心の距離は縮まるはず、

 


「また会いたい」

そう思うのだ。

 


「いい女」

誰しもそのように扱われたい。

 


だから男は、

大事にエスコートして、

「あなたは特別な人ですよ」って、

そのように扱う。

 


いくら「居心地の良さ」を求めていても、

入り口はそういうもの、

 


婚活女性はシビアだから、

1度目でそういう演出をできないと、

バッサリと関係を断つ、

 


「居心地がいい人」

 


それが理想と口では言っても、

そうではないのだ。

 


だから、

女性を惚れさせる自信があるってことは、

「特別」かつ「居心地の良さ」を提供できる、

とまあ、そういうことになる。

 


なんともむずかしい。

いつだって男は選ばれる側、

 


居心地がいいだけでは飽きられてしまうし、

特別ばかりだと疲れられてしまう。

 


よくもまあ、

婚活なんてものを乗り越えて、

一緒になれるものだ。

いい加減に疲れてしまった。