だから結婚したい

f:id:tureture30:20190814072114j:image

 

「僕にはありあまる ロマンスがありあまる」

ゲスの極み乙女『ロマンスがありあまる』


下手に20代の若い子とうまくいきそうだったものだから、

ハードルが上がってしまった。

意味不明な職場の女どもだって若かった。

 

「まだ若い子から好きになってもらえる」

そんなロマンスに足を引っ張られるのだ。


もちろん相性が一番だけれども、

できれば若いほうがいい。

そう思ってしまう。

 

男としての賞味期限はギリギリなのに、

どんどんこじらせて、

結婚への道のりは遠くなるばかり、


だけれども冷静に考えると、

私の考え方は老人みたいになりすぎて、

若い子とは合わないのだろう。


「いい人なんだけれど」

「しっかりしている人」

「尊敬できる人」


なんだかんだ言っても、

つまりは単純に恋愛対象外、

彼女たちは保護者を求めているわけではないのだ。


そこから生まれるミスマッチ、

私は若い子から好かれる性格ではない。

そして私も保護者になりたいわけではない。


これでは先に進めるはずがない。

そういうことなのだろう。


「あなたは自分のやり方に当てはめようとしすぎている」

村上春樹ノルウェイの森

 

年をとるにつれて、

「自分のやり方」というシステムが大きくなりすぎたから、

それを許容してくれる人が少なくなった。


考え方を変えないといけないのかもしれない。

求める相手を変えるのか。

求める相手に合わせて自分の考えを変えるのか。

 

ここは戦場、

婚活戦線、


いくら出会いを重ねても、

「ちょっと違うよね」

そんな些細なことで終わってしまう世界なのだ。

 

消耗が激しい。


これ以上消耗する前に、

もう一度自分と向き合うほうが先決だ。


私はモテたいわけではない。

好きになった一人にだけ、

一途に愛してもらえればいい。


その事を忘れてしまうと、

どんどん自分のことを嫌いになってしまう。


「この人よりもこっちのほうが好み」なんて、

そんなことばかり続けている。

浅ましくて仕方がない。


「結婚したい病」にだけはかかりたくない。

条件ばかりで女性を道具のように見てしまうから、


もはや病にかかる寸前か。

すでに年齢で人を判断しているのだ。


もう一度、

「何のために婚活しているのか」

それを見つめ直さないといけない。


いくら傷ついても、

自暴自棄になっても、

女性を信じられなくても、

これから関係を結ぶ人達には関係のないこと、


このままだと、

まっすぐに私のことを見てくれるお相手がいても、

それを信じることができないだろう。


手遅れになってしまう前に、

ちゃんと考えよう。


心を浄化したい。

そのためには涙、


だけれども、

涙も出てこない。

そんなお年頃なのだ。


だからちゃんと、

立ち止まって考えよう。


一人ひとりと向き合わない、

無駄にモテる男なんて、

格好が悪いだけ、


私は恋愛がしたいのだ。

異性としての愛情が欲しいのだ。

そして、同じように愛情を注いで、

お互いが「心から愛し合う」


そういう関係を築きたいのだ。


理想の夫婦って、

血が繋がっていないのに、

心が繋がっている。

 

だから自然と体が動いて、

支え合える。

助け合える。

 

そういう関係、


「愛」で繋がった関係、

そういうものを築きたいのだ。


だから私は結婚したい。

少なくとも今の所は、