結婚していないんです

f:id:tureture30:20191009082828j:image

 

あまりにも自然に、

さも私が結婚しているかのように問いかけられる。


「ますをさん、お子さんは?」

「奥さんとは仲がいいのですか?」

「これ、奥様にどうですか?」


そのたびに、

「結婚していないんです」


若干気まずい雰囲気が流れる。

ご期待に添えずにどうもすみましぇ~ん。

そうやって「しぇ~」のポーズでもすれば、

場は和むのだろうか。


だって私、指輪していないでしょ。

それとも指輪をしないくらい夫婦生活に溶け込んでいるほど、

長いこと相手がいるように見えるのか。


もうその問いかけにはだいぶ慣れたけれど、

心がささくれ立たないといえばウソになる。

そして、そのたびに「私ってそう見えるんだな」って思う。


一応はまだアラサーだ。

言うほど年は食っていない。

見た目だって若く見られることもある。

だけれどもそう見られるのだ。


「結婚していそうな雰囲気」

そういうものってあるのかもしれない。


私には姪がいる。

この前は夫婦と一緒にスーパーで買物、

お守りを任されてカートに乗せてあやす姿は、

父親に見えていたのかな。


子育ての大変さって色々見てきたから、

そういう疑似体験で十分かもしれない。


年を取るほどに、

色々なものが見えてしまうから、

飛び込むのにだって勇気が必要になる。


理性が先に来てしまうから、

なんだかタガは外れない。


女性だって経済的に自立しているから、

きっと見る目は同じなのだろう。


「子供のこと」


婚活で会った多くの女性には、

姪だか甥がいた。


そして良好な関係を築いているみたい。

そうなるとそれで満足してしまうのだろうな。


「孫の顔が見たい」


兄弟に子供がいれば、

親に対するその手の責任は、

すでに果たしてくれている。


そうやって理屈をつけて、

男女ともに無理して結婚しようとしない。


子供のことさえ考えなければ、

イムリミットは大幅に延長される。


青春とまでは行かなくても、

いつまでも身を固めずに朱夏でいられるのだ。

「終わらない夏現象」とでも名付けようか。


「お二人様」


そういう家族のカタチが今後は増えていくのかな。

傍から見ているとそれも幸せそうに見える。

 

本人たちが良ければ、

別にとやかく言われる筋合いはない。


「結婚していないんです」


そうやって心をささくれ立たせることもなく、

にこやかに返すことができたならば、

私も大したものだ。


いちいち「察してよ」ってささくれだっているうちは、

自尊感情復権にはまだまだ程遠い。