楽しみよりも不安が大きいから満たされない

f:id:tureture30:20191108064018j:image

 

「満たされない」


その理由を言語化しようとした時に、

思い浮かんだ言葉、


楽しみは確かにある。

日常にだって、

少し先にだって、


だけれども満たされない。

それは将来への不安が大きいから、


きっとそういう事、


できることをやり切っていないから、

だから満たされないのだと思っていたけれど、

やりきったところで結果が出なければ、

 

「満たされない」

 

その思いは強くなる。


不安ばかりを数えるから、

さらに不安になるのだ。


不安が不安を呼ぶ。

だからメディアは不安を煽るような報道ばかりする。

数字のために、


知らずのうちに、

不安がないと生きていけない体にされている。


「不安」を恐れているようで、

「不安」であることに安心する。


人は未知を恐れるから、

最悪の将来を頭の中に作り上げて予防線を張る。

だから不安の虜になる。


正確な数字は忘れたけれど、

人が不安に思っていることのほぼ全ては杞憂らしい。

それだけ人は不安ばかりを作りあげている。


だから満たされない。


人生楽しく生きている人って、

きっと出たとこ勝負なのだろうな。

だから不安を感じても不安に囚われない。


きっとそれが「満たされる」秘訣なのだろう。


女性を紹介してもらう話はなくなった。

もう一度アプリを始めるのは億劫だ。


動いたところで疲れるだけ、

一人を受け入れるほうが現実的になってきたな。


ドラマ『まだ結婚できない男

 

きっと一人だと時間を持て余すものだから、

楽しそうに見えることには片っ端から手を出している。

あれはあれで人生楽しそうだ。


将来の予定がないとなると、

そこまで金銭面を気にする必要はない。


あまりお金をかけないことを意識して、

趣味に手を出してきたけれど、

もっと違う方向に動いてみたほうがいいのかな。


まだまだ一人でやるべきことがあるのかもしれない。