「5年間」という時間について考えさせられた作品

f:id:tureture30:20200826225705j:image

 

Twitterで投稿されていたある漫画、

 

はてなブックマークでもトップに載っていたので、

ご覧になった方も多いだろう。


高級デリヘル嬢が客との情事の最中に、

120分のタイムリープを繰り返すというもの、

そしてそのタイムリープを5年分繰り返した。


これ以上は内容に言及するのは控えておく。


一つの題材に様々なスパイスで味付けした、

そんな素晴らしい作品なので、

是非とも読んだいただきたい。


この作品を読んで、

様々感じるところはあったけれども、


「5年間」

そこに焦点を当てたい。


完全に自由に使えて、

おまけに年を取らない。


ドラゴンボールでいう「精神と時の部屋」だ。

あそこでは下界の1日で1年間の時が過ぎる。

ただし人生で2日しか入れないんだっけか。


この漫画では「5年間」

しかも歳を取らない。

さらに現実からのロスは1日もない。


そんな時間が、

「5年間」もあるとするならば、

いったい何に使うか。


タイムリープだ。

周りの記憶には残らないのだ。

ただループされるだけ、

ループを抜けられるかはわからない。


欲望の限りを尽くすだろうか。

それともループを抜けることを信じて、

その後の糧にするだろうか。

こういう時に人間性が試されるのかもしれないな。


5年前の私、

おそらくバイタリティという面では、

最も充実していた頃だ。


大抵のことは「何とかなる」と思っていた。

「なんとかできる」という根拠のない自信があったのだろう。


ちょうど仕事で転機があり、

長期の休みをとれた。


一人で海外を旅行したのもこの時期、

1週間ほど宿も予約せずに、

行き当たりばったりで国内を練り歩いたのもこの時期、


「一人でできることはやりつくしたな」

そう思ったのがこの時期だろう。


そして翌年にパニック障害を発病する。

それで世界の見え方は大きく変わった。

その2年後には、

「下手したら死ぬ」と言われた病気にもかかった。


5年前の私、

周りから見たらそうは変わらないのかもしれない。

だけれども自分の感覚では今の私とは全くの別人だ。

 

だからこのブログでは、

「今の私」と「前の私」

そういう表現を使う。

 

f:id:tureture30:20200826231137j:image


これから先の5年、

私はどのように世界と関わっていくのだろう。

今の私とは全くの別人になっているのだろうか。

 

「未来の私」

 

もう一度くらいは、

価値観の変わるような出来事がある予感はする。


5年間、

改めて長い期間だと実感する。

 

5年前は、

愛犬は元気に駆け回っていた。

姪も甥もまだ生まれていない。

そして私はまだ私の可能性を信じていた。


20代の私、

揺るがぬ信念のようなものがあった。


「その通りに生きていれば間違いない」って、

そう思えるほど確かなもの、


だけれども、

それだけではダメだった。


そうして色々なものを手放して、

時には手に入れて、

今の私にたどり着いたのだ。


手に入れ続けた20代、

手放すことのほうが多かった30代、

少なくともこれまでは、


これからの5年間、

私はどう生きるのだろう。


ワクワクはしない。

どちらかといえば不安のほうが大きい。

だけれども命ある限りは歩み続けるしかない。


時間がループすることなど、

どれだけ願ったところで、

現実には起こらない。


この一日を踏みしめて、

未来への糧にするのだ。


「バイタリティが欲しい」


無理のできない体になってしまったものだから、

そう感じることは多いけれど、

それは今だから思うこと、


人は掌中の幸せには気が付かないのだ。


欲しいものばかりに目を向けて、

それが手に入らないから「満たされない」

人生の多くはその繰り返しだ。


「満たされたい」

そればかりを願っている。

 

「満たされない自分」をいつまでも監視して、

「やっぱり満たされない」ってさ。


いつまでも、いつまでも、

「満たされない自分」にしがみ付く。

 

満たされてしまったら、

そこで終わってしまうからさ。

 

何かを見つけ出して、

「満たされない」ってどこか嬉しそう。

 

そしてそれを続けることでさ。

人生の最後の最後に満たされるのだ。


きっとそういうもの、

 

私はあと何回、

5年間を積み重ねられるのだろう。