「幸せな道」を選び取るのではなく、「選んだ道」を幸せだと思えることが大事

f:id:tureture30:20210620075604j:image

 

私は自分の人生をコントロールしようとしすぎている。


それは「自由でありたい」と思うばかり、誰かに搾取されたりだとか、意に沿わない行動を強いられたりだとか、そういうものに対する「恐れ」からくるものなのかもしれない。


「ルールを作る側」が得をする社会構造、

そこに嫌悪を感じながらも、損をしないために極力そういう立場を伺いながら行動してきたように思う。


だから、ある程度は自分のやりやすいように環境を整えながら生きてきた。

だけれども、それにも限界はあって、どうしたって人生には思い通りにはならないことが出てくる。


私は先回りして、自分を過保護に育ててきたものだから、その「思い通りにならないこと」に対するアプローチが苦手なのだ。


結局はさ。

「ぶっつけ本番力」

そういう根本的な強さが必要なんだよ。


どのような場面に遭遇しても、自分の力で道を切り開いていける。

そういう強さが必要、


私の「小賢しさ」なんてものはさ。

どれだけそれを磨いたところで、不安を追い出すことはできない。


見えない不安にばかり苛まれて、不確定な未来をシミュレーションするあまり、余計な心配ばかりに時間を費やして、まったくもって良いことはない。


「どっちが正解なんだろう」ってさ。

そんなことは初めてみないとわからない。


大事なことは「選んだ道を後悔しない」こと、


どう考えたってさ。

自分の選択に責任を持って生きることの方が大事なのだ。


「幸せな人」ってのはさ。

「選択を間違わなかった人」ではない。

「選択した道を正解にしてきた人」だ。


私のコントロール癖、

それなりに機能して上手いことやってきたつもりでいたから気がつかなかったけれど、なかなかに厄介なもの、


私は私の人生を縛り付けてここまできたのかな。

一度メンタルをやってしまってからは、遠くへと行ってしまわないようにって、自分の内面を事細かに監視し続けてさ。


少しでも不安のカケラを見つけたら、けたたましくアラートを鳴らしてみる。

そうやって自分を守ってきたのかな。


やるべきことはやって、居場所だけは確保して、それ以上は文句を言わせません。

それがここ3,4年の私のスタンスだった。


どんどん心は荒んでいった。

「満たされない心」に気がつかないふりをしていた。

「心」には埃が覆い被さって、しっかりと掃除をしてあげないと目の届く範囲には見当たらない。

それを面倒に思い、いつしかリスクを負うことをやめた。


淡々と、できる範囲で実績を積み重ねていって、それなりに認められはしても、自分は自分のことを認めてなどいなかった。


だから「満たされない」

何をしていてもどこか「満たされない」

そうやって生きてきたのだ。


先のことなんていくら考えたってわからない。

そんなことは当たり前のことなのにね。


どうにかして「失敗しないように」ってさ。

そんなことにばかり必死になっちゃってさ。


とにかく飛び込んでみてそれから考えれば良い。

その方がきっと成長できるし、楽しく生きられる。


どっちにしたって辛いことはあるし、苦しいことはあるんだから、

あとは「選んだ道」をちゃんと自分の足で歩くだけ、


この文章を書く少し前に、世界がクリアに見えたような実感が湧いた。

不思議な体験だった。


私の中で何かが変わった瞬間だったのかもしれない。