ぬくもりの奴隷

f:id:tureture30:20191119064908j:image

 

手を伸ばせば届く距離、

だけれども手を伸ばすことを恐れていた。


触れてしまったら最後、

そのぬくもりを失う恐怖に包まれてしまう。


冷たくて、

辛くて、

苦しくて、


だから少しだけ手を伸ばしてみる。

暗くて寒い木陰から、

恐る恐る手を伸ばしてみる。


指先が少しだけ木漏れ日に触れた。

じわりと伝わる温もり、


その魔力に心を奪われて、

今度はグッと手を伸ばす。


「どうやら大丈夫みたい」


そのぬくもりに体を預けてみることにした。


冷え切った心と体、

それを芯まで温めてくれる。

 

「もう大丈夫」


心から安心して光の中に飛び込む。

 

やがてそのぬくもりが当たり前になって、

それを守る努力をしなくなる。


そうすると、

徐々にぬくもりは失われていく。

 

足先から徐々に冷えてくる。

心まで到達するのは時間の問題だ。


「どうやら時間切れみたい」

 

また暗闇の中、

かろうじて見えるのは自分の足元だけ、


あのぬくもりが恋しくて、

もう一度手を伸ばしてみる。

思い切りグッと伸ばしてみる。


だけれども、

いくら手を伸ばしても、

指先を掠めるものは虚空だけ、


「気持ちはつながっている」

 

決して見えないものなのに、

それに甘えてしがみついて、

先に進むことをためらった。


いつまでも気持ちはそこにはいない。


木漏れ日は、

日の角度や周りの影が生み出すものだから、

その形は簡単に変わってしまう。


人の心だってきっと同じ、

周りによって変わってしまうのだ。


手を離してしまうと、

その指先をするりと抜けて、

ふわふわと宙に漂う風船のように、


ゆっくりと、

ゆっくりと、

離れていく。

 

気がついたら、

随分と遠くに行ってしまった。

いつだって後悔は先に立たないのだ。


ぬくもりを求めて、

ぬくもりが忘れられなくて、

ぬくもりの奴隷になる。


触れたら最後、

もう戻れはしない。