物を渡すときに指に触れてくるあれ

 

f:id:tureture30:20200808154631j:image

 

主に職場だ。

どの方も年上の女性だ。

ここ最近そういう機会が多い。


「つい触れてしまった」


そういう感じではない。

さりげなくも意思を感じるような触れ方だ。

 

「サッ」と舐めるように、

指を私の指先に滑らせてくる。

 

官能的な刺激だ。

気持ちがなかったとしても、

ウブな私には十分に「刺激」として伝わる。


散々痛い目にあったから、

職場でそう言うのは勘弁してほしいのだけれども、

私のアンテナが敏感すぎるだけの、

ただの勘違いなのか、

それとも・・・


いったいなんなのだろう。


今の職場に移ってから、

そういうことがあまりにも多すぎる。

 

「肩が触れ合っていても離れない」だとか、

「狭いところをすれ違うときにわざと体を押し当ててくる」だとか、

「思わせぶりなお誘い」だとか、


10個ほど年下から一回り年上まで、

いったい何なのだ。


私は恋愛に関してはとことん臆病者だから、

一度や二度のサインでは信用しない。


にもかかわらず、

あまりにも多いのだ。

それも一人や二人からではない。


「指に触れてくるあれ」


私も学生時代に好きだったバイト先の子にした覚えはある。

「触れたいな」って思ったから、

物を渡す時に気にさりげなく、


それと同じようなサインなのかな。

それともたまたま触れただけなのかな。

 

考えたところで仕方がない。


きっと「私はモテるのだ」

そういうことにしておこう。


それで自尊心が保てるのならば、

そうやって思い込んでいたほうが幸せだ。


なんてったって私だ。

安易に行動に移すことなんてない。

勘違いで迷惑をかけることはないのだ。

 

だから思い込んでおけばいい。


「私はモテるんだな」って、

勝手にそう思っていればいい。


ナルシストのくせに、

自分を認めてあげられないへそ曲がり、

この上なくネチネチしためんどくさいやつだ。

 

だけれども、

表から見える私はきっとそうではないのだろう。

 

サバサバしていて効率厨、

大したことをしていないくせに、

なんとなくデキる雰囲気を醸し出していて、

果断で上にも物を言う。

おまけに紳士気取っている。

 

ペルソナを使い分けて演出しているのだ。


本当は寂しがり屋で、

好きな人とは「いつも手をつないでいたい」

「後ろからギュッとしていたい」

そんなメルヘンチェリーボーイなのに、


指が触れた個所、


そこから波紋が生じて、

心を少しざわつかせるような、

そんな感覚、

 

ジョセフ・ジョースターさん、
これが「波紋のビート」というやつか。


気持ちがあるわけではない人に対しても、

「触れたいな」


女性に対するそういう欲求は、

いつでも私の中にくすぶっているのだ。


結局私は「女性」のことを「女性」として見てしまう。

それを止めることはできない。

 

もうそれでいいのかな。