アンドロイド

f:id:tureture30:20191123091256j:image

 

人の愛し方がわからないから、

そのための練習をする。

 


うまくやっている人のマネをして、

親しげに話しかけてみる。


どうも怪訝な顔で見られるな。

僕の顔をちらりと見ては、

みんな通り過ぎてしまう。


あの人と同じようにしているはずなのに、

 


うまくやっている人のマネをして、

優しく体に触れてみる。

 

 

触れた途端にみるみると、

驚いたような表情に変わり、

サッと跳ね除けられてしまったな。


どうしてだろう?

あの人たちはとても嬉しそうに触れ合っているのに、

 


うまくやっている人のマネをして、

唇を重ねてみようとする。


「何するの!」って声といっしょに、

すかさずビンタが飛んできた。


おかしいな。

あの人たちは唇を重ねた後も、

ギュッと強く体を寄せ合っているのに、

 


僕はアンドロイド、

人の愛し方がわからない。


うまくやっている人のマネをして、

うまく人を愛したいのに、

 


僕はアンドロイド、

人を幸せにするために生まれてきた。


なのに人を愛せない。

僕はどうして生まれてきたのだろう。

 


君の笑顔が見たくて、

少しおどけてみせた。


そうすることで、

君が喜んでくれるとインプットしておいたから、

前と同じようにおどけてみせた。

 


どうやら君の口角が39度ほど上がったみたいだ。

「サンキュー」


その笑顔から、

「ありがとう」の言葉を受け取った。

 


僕はアンドロイド、

人の気持ちがわからない。

 


「嬉しい」

「悲しい」


「好き」

「嫌い」


「愛してる」

「愛していない」


そういうのを全部、

数字で表してくれれば僕にだってわかるのにな。

 


私は人間、

だけれども人の気持ちがわからない。