人を好きになるってことは暴力

f:id:tureture30:20191209065608j:image

 

ドラマ『G線上のあなたと私』

そのワンシーンで出てきた言葉、


妙に腑に落ちた。

その通りだなって、


一方的な愛情を向けられたところで、

それに応えられなければ迷惑なだけ、


罪悪感に蝕まれたり、

愛想を向けないように気を使ったり、

時には犯罪に巻き込まれたり、


同じくらいの力で押し合って、

ちょうど均衡するから「愛」ってやつは成り立つ、


お互いがお互いを好きであれば、

こんなに素晴らしいことはないけれど、

多くの場合、どこかで力関係ができてしまう。


「惚れた方が負け」


よく聞くけれど、

結局はそういうものなのかな。


嫌われたくないから、

関係を続けるために折れ続ける。


そうして都合の良い人間になるとこで、

「愛情の差」を埋めようとする。

疲れてしまうまでずっと、


逆に愛情はなくても同居人として、

お互いが程よく好感を持ち続けていれば、

関係はうまくいくのかもしれない。


そうやってお互いの気持ちが均衡しているから、

恋愛関係ってうまくいく。


「こんなに愛しているのに」


いくらそう思ったところで、

どうにもならないこともある。

むしろその方が多いくらいだ。


だけれども気持ちは簡単には止められない。

だから愛が憎しみに変わる。


「なんで?どうして?」


そうやって周りが見えなくなって、

些細な不誠実さを許せなくなって、

話し合う機会を先延ばしにするほどに、

どんどん憎しみは深まって、


許したくても許せない。

 

ドツボにハマってしまう。

向けられた側からすれば迷惑な話だ。


だから遊びで相手をその気にさせて、

自尊感情を満たすことにはリスクがつきもの、


路上で急に刺されてしまうかもしれないよ。


人の心を弄ぶって卑劣なこと、

人を軽んじる人は人から軽んじられる。

結局は自分に返ってくるのだ。


だからわざわざ手間暇かけてまで、

憎しみに縛られて手を下す必要なんてない。


そんなことをしたところで、

自分が損をするだけ、


世の中にはクズみたいな男もいれば、

クズみたいな女もいる。


だけれどもそれって、

クズみたいな女にさせてしまう男がいて、

クズみたいな男にさせてしまう女がいるってこと、


惚れさせる気で接するならば、

本気で責任取るつもりで惚れてからにしろ、

 

そうすればうまくいかなかった先でも、

相手の幸せを思って退くことができるはず、


それが気持ちを暴力にしないための責任ってもの、


「この人間のクズ」


そう言ってやりたい相手がいる。