いい意味で期待を裏切るということ

f:id:tureture30:20191212071354j:image

 

「期待していたのに」

 


期待が大きいほど、

それを裏切られたときに期待は失望に変わる。

 


「それほど期待していなかったのに」

 


その中で期待に応えられれば、

そこから信頼が生まれる。

 


「いい意味で期待を裏切る」

 


人間は単純なものだから、

心動かされることに弱いのだ。

 


だからやるべきことをしっかりとやり続ければいい。

誰が見ていようがいまいが力は着々とついているはず、

 


あとはチャンスが巡ってきても、

いつもと同じように取り組むだけ、

 


一発当ててうまくいったように見えても、

きっと信頼される人ってその繰り返し、

 


よほどの天才でもない限り、

コツコツと地道な努力を重ねるしかないのだ。

 


だけれども気をつけなければいけない。

 


信頼が積み重なってくると、

「あの人ならば大丈夫」って、

期待が大きくなるのだ。

 


そうすると必要以上に圧力がかかる。

そしてどこかに驕りが生じる。

 


おそらくそこからが本当の勝負、

それでもコツコツと地道な努力を重ねられる人、

 


そういう人がきっと何かを成し遂げるのだ。

 


「ここまでしてくれるのか」

 


利害ではない。

瞬時に細胞が判断して、

まごころある行動を起こせるようになりたい。

 


そういうところに信頼が生まれるはず、