感情を持ち込まないタイプ

f:id:tureture30:20200123070438j:image

 

人は自己存在に不安を感じているものだから、

それを脅かされると感情的になってしまう。

 

どうしようもない感情というのはある。

そういう経験もしているけれど、

「感情を持ち込まない」

基本的にはそういうタイプでありたい。

そう思っている。


意見が食い違ったときに、

そのものごとを客観的に捉えて、

相手のほうが正しいと思えば簡単に折れる。

それを軸に話を進めたほうが良いものを生み出すから、


「自分の立場を守るため」

 

それを目的に主導権を握ろうなんて、

「愚か」でしかない。


だけれども、

そう思えば思うほど、

裏を返せばそういう「愚か」に対した時に、

見過ごすことが苦手になる。


マウント取ろうとされようものならば、

そのタックルを膝蹴りで返り討ち、

だから軋轢を生む。


私は感情を極力持ち込まないけれども、

感情を持ち込むタイプはたくさんいる。

特に女性なんかはそう。


そこに寄り添ってみると、

「愚か」に見えていたことが、

そうではなくなることも少なくない。


だから難しい。


自分は「感情を持ち込まないタイプ」

そんなふうに通ぶっていたところで、

それが必ず正しいわけではない。


感情的な相手に対して、

自分も感情的になったら収集がつかない。

 

基本的には、

「感情を持ち込まないタイプ」

それでいい。


だけれどもそれでいて、

「相手の感情には寄り添うタイプ」

そうでないと客観的事実は見えてこない。

 

相手にだって理性はある。

感情的になるだけの理由がある。

私がそれに気がついていないだけ、


それではただのエゴ、

もっと大人にならないといけないな。

 

突き放すのではなく、

相手に寄り添うという意味で、