「語彙力」が足りないから中傷が生まれる

f:id:tureture30:20201202104142j:image

 

面白い記事を見た。

 

表題はその中で出てきた表現、

なんとも腑に落ちる言葉だ。


感情表現の苦手な人ほど、

短絡的な表現でその気持ちを吐き出してしまう。

生じた「違和感」をうまく言語化できないのだ。

 

だから「バカ」だとか「死ね」だとか、

安易に相手を全否定できる言葉、

人格否定の表現を多用する。


それが軋轢を生み、

相手の感情を逆撫でる。


「嫌い」

 

一度そう思ってしまうと、

早めに手をつけないと手遅れになる。

 

「負の感情」ほど増幅しやすいのだ。

初めは大したことなかったとしても、

その感情はどんどん育っていく。


「気まずい」


そう思って避けているうちに、

相手の「嫌い」も増幅していく。


きっとそういうものなのだ。


だから初めから、

しっかりとした自己認知をできていれば、

自分の感じる「違和感」を、

誤解なく相手に伝えることができる。

 

そうすれば、

あまりこじれることはないんじゃないのかな。

 

何もそれは「語彙力」だけではない。

ぶつける相手のことをどう思っているのか。

それによって大きく左右される。

 

優しい言葉が甘やかしになることもあれば、

厳しい言葉が相手のためになることだってある。


始まりはいつだって、

「すれ違い」


距離が近くなり過ぎた分、

相手に対する期待は大きくなる。


だから「わかって欲しい」って、

相手にエスパーみたいな能力を期待しても、

土台無理な話だ。


どんなに深い関係になったところで、

相手は「あなただけ」を見ているわけではない。


自分の課題があって、

苦しみがあって、

生き方がある。


それをねじ曲げてまで、

「私だけを見て欲しい」

その関係に先はあるの?


互いが適切な距離を探り合う。

そしてちょうどいいところで折り合う。

言葉を選び合う。


夫婦であっても、

恋人であっても、

どんなに分かり合えていると思っても、


相手は自分とは別の人格で、

自立した個人なのだ。


そのことを忘れてしまうから、

自分に都合の良い道具のように見てしまうから、

だから傷つけてしまうんじゃないのかな。


近過ぎても、遠過ぎても、

人は人を人として見なくなってしまう。


「同化」してもいけないし、

「記号」に変えてもいけない。


ただ相手も自分と同じ、

「脆くて弱い生身の人間」

その共通項だけは忘れてはいけない。


ベースにそれがあるだけで、

許すことができるし、傷つけることは減る。

 

そういうものなんじゃないかな。


Mrs.GREEN APPLE『ロマンチシズム』

愛を愛し、恋に恋する。

僕らはそうさ。人間さ。