一緒になれない理由

f:id:tureture30:20200125155214j:image

 

そんなものは挙げればきりがない。

 

元はと言えば、

赤の他人同士なのだから、

 

そういうことばかりに目が向いたら終わり、

恋愛は幻想の中でしか存在できないのだ。

 

甘く切なく綺麗なままの美しい世界、

 

世界の中心にいる二人、

周りのことは見えない。

「お互いがいればそれでいい」だなんて、

本気でそう思っているうちが華、

 

魔法は解けてしまうのだ。

 

それでも一緒にいたいと思う理由があるのか。

それが先に進む条件なのだろう。

 

男と女なんて単純なもの、

違う生き物だから惹かれ合う。

そして欲求を満たした先は「条件」が必要、

 

その「条件」と睨めっこしながら、

先に進む理由を探すのだ。

 

いくつもいくつも探して探して、

これでもかというくらいに材料を探して、

少しでも安心しようとする。

 

材料一つ見つけたら、

心躍らせて、

材料一つ失ったら、

停滞するどころか遠ざける。

 

何か一つでも決定的な躊躇する理由があれば、

今まで積み重ねてきたたくさんの思い出たちは、

音を立てて崩れてしまう。

 

人は不安には勝てない。

 

安心の材料はたくさん必要なのに、

不安に必要なのはただ一つだけなのだ。

 

何も進まない。

何も進めない。

何一つ動かない。

 

人は余程追い詰められない限り、

環境を変えたくはないのだ。

 

だから、

変わらなくていい理由を、

いつだって探している。

 

理由は外にあるのではない。

自分の中にあるのだ。

 

先に進まなくていい理由を探しているうちは、

結婚なんてできるはずがないな。