「子供が欲しい」ってものすごくポジティブな考え

f:id:tureture30:20200126081835j:image


世間一般的に見て、

おそらく多数派に属するチームの一つに、

「子供が欲しい」チームというものがある。


相手もいなければ経験もないので、

「できれば」という注釈付きだが、

私もそのチームに属している。


婚活のプロフィールを拝見すると、

ほとんどの女性もそのチームに属しているようだ。


「当たり前だから」


女性からすれば大変な身体的苦痛を生じること、

場合によっては命に及ぶほど、


だけれども、

それを承知の上で多くの女性は「子供が欲しい」

当たり前のようにそれを希望する。


それって、

とてもポジティブなことなんじゃないかな。


それも「本能」という、

螺旋が生み出した感情からくるものなのかな。


「子供を作る」ということ、


人類という括りから一歩引いて外側に立って考えてみると、

「種族」という目で見れば存続に必須なこと、

だけれども「個」という視点からすれば、

圧倒的にリスクの方が大きい。


あらゆることに対してリスクを取らない。

 

そういう選択を好む種族なはずなのに、

この点については迷わずリスクを取る。


それって不思議なこと、


螺旋に組み込まれた感情というものは、

私が思っている以上に大きく、

我々の行動に作用しているようだ。


「白黒つけるパンダだよ」


人だって動物、

もっと気持ちを解放してもいいのかもしれないな。

「本能」に従ってさ。

 

「やりたいこと」に蓋をして、

「やらなくてはいけないこと」ばかりに縛られる。

 

それではいくら長く生きたところで、

時はただいたずらに流れるだけ、

 

できることはどんどん限られていく。

身体的に、精神的に、どんどん衰えていく。

 

だから、

「できること」を引っ掴むくらいに積極的に、

本能のままに生きればいい。

 

理性を働かそうとしなくても、

理性に縛られるくらいには小市民、

大胆なくらいがちょうどいいのだ。

 

「人類の未来に希望を抱いている」

 

「子供が欲しい」ってことはそういうこと、

絶望の未来に自分の子供を産み落としたいとは、

誰も思ったりはしないだろう。

 

我々の螺旋が生み出す感情には、

「希望」が組み込まれているということ、

 

私も一応は、

「子供が欲しい」チームの一員、

人類の未来を諦めてはいないのだ。

 

そして人類の多数派は、

「子供が欲しい」チームだ。

 

そう考えると少しだけ、

前向きに生きられるのかもしれないな。