何もない

f:id:tureture30:20201207061458j:image

 

「結婚」だの「出産」だの「育児」だの、

周りはそんなイベントで盛り上がっている。


私には何も起こらない。

 

「何のために生きているのだろう」

そう思うことが増えた。

 

「親に対する責任」くらいしか思い当たらない。


俗にいう「平均年齢」


ライフイベントって、

実にうまくできているのだなと感心する。


きっとうまい具合に、

悩むべき時に悩むことがあって、

その悩みに身を委ねていれば、

余計なことを考えずに生きていけるのだろう。


「エネルギーの使いどころがない」

だから生きている意味が分からない。


余計なことばかり考えて、

エネルギーを発散させているのだ。


だけれども「余計なこと」

文字通り「余計」なのだ。


その先には何もない。

現実は先に進まない。

「虚無」だ。


だから余計に虚しくなる。

嫌でも比べてしまうのだ。


周りはどんどん進んでいく。

私は何も変わらない。


何とも月並な悩み、


メタ認知を繰り返して、

自分の立ち位置を理解したつもりになっていても、

結局はこういうことで悩むのだな。


「この苦しみから救い出してくれ」

「結婚」に対する期待値は高まる一方、


まさに悪循環だ。

これがきっと「こじらせる」メカニズムなのだろう。

誰かに救いを求めたところでどうにもならない。


自分で自分を満たしてあげる。

そのためにはどうしたらいいのかな。


自粛、自粛って、

手足を縛られた状態で楽しみを見出せって、

もはやそんな状況だ。


「夢中になれること」

どこかに転がっていないかな。


口をパクパクとしているだけで、

食べ物が転がり込んでくることを期待する「ひな鳥」か。


「生きるに足る理由」

それを自分で見つけるしかない。


漫然と進む時の中で、

私は「生きている実感」が欲しいのだ。


気を付けないと、

また「病気」にしがみついてしまう。

あんな苦しみはもうごめんだ。


その前に何かをみつけないと、