「優しい」からって「心」があるとは限らない

f:id:tureture30:20200308192650j:image

 

「親切さと心は別のもの」


村上春樹世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド


「親切はただの習慣だから心とは違う。

心はもっと深く、もっと強く、もっと矛盾したもの」


自分の可能性の限界、

システムの中で生きること、

閉ざされた世界、


壁の中には「親切」はあるけれども、

「心」はない。


心は不安定で不可解な行動を起こす。

合理的に染まらない。

壁(システム)の中では邪魔なものだから、


心って一体どこにあるのだろう。


「怒り」だったり「悲しみ」

そういう負の感情に隠されているのかな。

 

だけれども常に不機嫌(に見える)人っているからな。

自意識に支配されていると意味もなくそうなる。

彼ら、彼女らにとってはそれが習慣なのだ。


10個年下の女性と結婚の決まった友人、

会うたびに隠し切れないほどの幸せが溢れている。

心ってそういう雰囲気だったり、

行動ではない何気ない姿に現れるものなのかな。


「優しさ」だとか、「親切」だとか、

そういうものって、

善く(というよりも人間らしく)生きていれば、

自然と備わる習慣のようなもの、


だからいくらそれを表に出したところで、

気持ちがあるとは限らない。


私の「優しさ」だって、

多くはそういう性質のもの、

ある意味では処世術なのだ。

そういう自覚はある。


そうやって生きているから、

上辺ばかりの女性とばかり縁があるのかな。


私はおそらく、

「結婚相手としてちょうどいい」のだろう。

だから周りにいる女性たちは、

妙齢になるとちょっとばかりアプローチをしてみる。


だけれどもそれで靡かないものだから、

他の男に切り替える。

 

私は気持ちを温めて、

固まるまでに時間がかかってしまうから、


「好き」なわけではない。

「ちょうどいい」のだ。


そこには心などない。

あくまでも可能性の一つ、

それくらいのもの、

 

私の「優しさ」と同じ、

ある意味では処世術だ。


それを私は「好意」と勘違いする。


「Like」ではなく、

「Love」の方なんじゃないかって、

そうやって勘違いする。


女性は現実的な生き物、


それに容姿が良くて、

好意を匂わせるくらいの行動力があれば、

普通の男は放って置かないから、

一通りの恋は経験してきているのだ。


だからもういい年して、

男女関係に甘酸っぱさなど求めていない。

私とは違って、


そもそもスタートラインが違う。

だからうまくいかない。


そういうことなのかな。


「心のありか」


それは誰にもわからない。

本人でさえも怪しい。

心はなかなか表には出てきてくれないのだ。


みんなその中でも、

誰かと関係を深めて、

過ごした時間を気持ちに還元して、

一緒になっていくのだ。


壁の中で、

心をどこかに置き去りにして、

生きるために生きるのだ。


少しばかりの幸せを糧にして、

生きるために生きるのだ。


人生ってそういうものなのかな。

恋愛って、結婚ってそういうものなのかな。


身を焦がすほどの気持ち、

それで痛い目を見ると心は動かなくなる。

自己防衛機能が働くのだ。

 

それを繰り返して、

人は大人になっていく。

 

「諦め」という名のおやつをお腹に溜め込んで、

なかなかそれを消化することはできない。

 

手足を動かすことをやめてしまうから、

体はどんどん重くなってしまうのだ。

 

それでも手足を動かすことをやめないで、

最後まで大人になる事ができないと、

尾崎豊さんのような人生を送るのかな。

 

人って、

心に蓋をして、

壁の中で、

生きていくしかないのかな。


心って、

脳が作り出した幻影に過ぎないのかな。

生きるのに不要なものなのかな。


心って、

なんだろう。

 

生きれば生きるほどわからなくなる。