勃っていたくせに

f:id:tureture30:20200313062428j:image

 

先日記事にした、

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』のワンシーン、


めでたく主人公と結ばれた彼氏さん、

主人公の友達から言い寄られる。


「初めて同士だとうまくいかないよ。

 私と練習しない?」って、


満員電車で密着する体、

それを痴漢から守る名目で抱き寄せる。

間近に聞こえる荒い息遣い。


男ならば仕方がない。

これは勃ってしまう。


たまらず飛び出した停車駅で、

「私としたくないの?」って、

追い打ちをかけられる。


そこで彼氏さん、

「したくない!」って、

勇気を振り絞った一言、


ところが、

すかさず反撃を受ける。

去り際に耳元で「勃っていたくせに」


ここから彼氏さん、

自分の不誠実さに打ちのめされて、

主人公とさらに向き合うことになるのだ。


結果的にこのことが主人公と彼氏さん、

その二人の仲を深めることになる。


この作品のすごいところで、

サンテグジュペリの『星の王子さま』を掛けてくる。


花と仲直りをしたい王子様に助言した狐、

本当は王子様とずっと一緒にいたいから、

仲直りをさせたくなかったらしい。

(あくまでも作品の中の解釈で本当はどうだか知らない)


誘った友達は思いを寄せていた人から、

「お前は狐だ」って葉っぱをかけられる。

そうじゃないことを証明しようと動くけれど、

結果その通りになる。


改めてよくできた作品だった。


「勃ってしまった」


それを不誠実さと捉えて葛藤する純粋さ、

いかにも青春の甘酸っぱさだなと思う。


さすがの私もそれほど純粋ではない。


だけれども、

そういうのっていいなと思う。


もうそういう恋愛ってできないのかな。


私の人生では始まることもなく、

失われたものの一つだ。