ゼロトラスト

f:id:tureture30:20200322175634j:image

 

今後の情報セキュリティで、

基準となりそうな考え方、


要は、

「セキュアなプライベートネットワークであっても安全な場所はない」

というもの、


「安心できる場所はどこにもない」

 

セキュリティの世界の話だけれども、

世界がそういう方向に動いているのかな。

そう考えるとなんだか寂しい。

 

便利になった反面で、

いつでもどこでも誰かが狙っているのだ。

いつでもどこでも安心できない。


確かにそうだけどさ。

もう少し心落ち着ける場所ってないのかな。


ガチガチに理論武装してさ。

自分の生き方の正しさを証明するために躍起になる。


だけれども、

そうやってイキり立つ姿からは、

幸せのかけらも伝わってこないよ。


「居場所を失うのが怖い」


人の行動原理って、

大体それで説明できてしまう。


「一人で生きている」って人だってさ。

世界と自分との関わり方をちゃんと持っている。


だからその関わり方を脅かされる時は、

躍起になってそれに抵抗する。


居場所がないと生きてはいけないのだ。


「ゼロトラスト」


情報の価値は上がる一方だ。

あの手この手で誰かの秘密を暴こうとする。


合理的を突き詰めれば、

それを守るためには、

より大きなコストが必要になる。

そういう考え方に行きつくのは必然なのだろう。


だけれどもなんだか寂しい。

これが人間の限界なのかな。


どんなに普段は紳士的で優しい人でも、

顔が見えなくなってしまうと、

人を人とも思わずに欲望がむき出しになる。


私だってそうだ。


画面の先にいる人は、

自分と同じように、

弱くて脆い生身の人間、


どんどんそのことを忘れてしまう。


「誠実」って一口にいうけれど、

どこからが「誠実」で、

どこからが「不誠実」なのだろう。


画面を通してしまうと、

どうも何かフィルターのようなものをかけて、

人を人とは見られなくなってしまうのかな。


生身に触れれば、

こんなにも愛おしく思えるのに、

面と向かって言葉を交わせば、

こんなにもお互いを分かり合えるのに、


便利になればなるほどに、

心の距離は離れてしまう。


「ゼロトラスト」


どんな人がいるかわからないから、

基本的にはすべての人を信用しない。

 

そんな悲しい考え方、


世界はそっちの方向に一方通行で、

もう元には戻らないのかな。

 

人を信じることから、

信頼って生まれると思っていたけれども、

そういう世界はもう終わってしまうのかな。