みんな「優しい世界」が好き

f:id:tureture30:20210716063211j:image

 

自分の「居場所」を守ることに必死、

だから人は人に対して残酷になれるのだ。


利害関係のない場所だったら、

みんながみんなに優しくなれる。


純粋に「楽しみたい」って思える場所だったら、

みんながみんなに優しくなれる。


そんな「優しい世界」に身を投じてみると、

「人ってものは捨てたもんじゃないな」ってそう思える。


人と人とが重なって、

目的のもとに集まって、

ふたり、さんにん、ひゃくにん、せんにんと、

大きな組織が出来上がっていく。


始めは「同じ目的」を有していたはずなのに、

人が増えるにしたがって「目的」は多様化していく。


そのうちに「同じ目的」はそっちのけで、

「自分の利益」ばかりを考える人が出てくる。


人は「損をすることが苦手な生き物」


「悪」は伝染しやすいものだから、

どんどんどんどん「利己主義」な人たちが増える。


それが行くところまで行ってしまったから、

みんな「優しい世界」を求めているんじゃないかな。


だけれども、そう簡単に歯止めは効かないのだ。


いつしか「居場所」を守ることが目的になって、

上にあがることが目的になって、

人を上手に道具みたいに扱える人が偉くなって、

「成果をあげられる人」と評価されていく。


「他人の痛み」を見て見ぬふりして、

そのうちに「痛み」を感じられなくなって、

「人」から「別の生き物」に進化だか退化だかわからない変化をしてしまう。


人間てものはさ。

「弱い生き物」なんだよ。

とてもとても「弱い生き物」なんだよ。


どんなに強く自分を鍛えようとしたところでさ。


「弱いところ」を隠すことはうまくなっても、

そこを強く鍛えることはできないんだよ。


それを克服するためには「心を殺してしまう」しかない。

だけれども、そうしてしまったら、もう「人間」ではないのかもしれない。


だから「優しい世界」が必要、


人にはさ。

「優しい世界」が必要なのだ。


「自分はこの世界にいてもいいんだな」って、

「この世界には自分の居場所があるんだな」って、

能力も、性別も、人種も関係なく、

そう思える場所を増やしていくことが必要なのだ。


今は「分断」の時代、

「コロナ禍」は人類に課せられた試練なのかもしれない。


次々とオンライン上に新たな「居場所」を創出する人類、

「人とつながっていたい」のだ。


「優しい世界」

みんながそれを渇望している。


そこでは、

みんながみんなに優しくなれる。


己の欲望を乗り越えて、

時にはそれをさらけ出して、

みんながみんなの悩みに寄り添って、


頭が利害関係を計算するよりも早く、

細胞が瞬時に反応して、

人に対して誠実な行動を取ることができる。


そういう「本質的な優しい世界」

みんなそういうものが大好きなのだ。