騙されたとしても裏切られたとしても憎しみを向けるだけ無駄

f:id:tureture30:20200330061155j:image

 

人は損することが苦手な生き物、


得したことはあまり覚えていなくても、

損したことは忘れられないのだ。


だから「憎しみ」が生まれる。


少なくとも本人からしてみたら、

不当な扱いを受けて損をさせられた。

そんな感情に支配されるのだろう。


だけれども少し考えてみると、

「憎しみ」に支配されていたら、

そうしている分だけ損をすることになる。


好きでもない相手のことを監視して、

不幸にならないかって期待して、


不毛な努力、

無駄な消耗、


「憎しみ」が生み出すものって、

そういうものしかない。


それならばさっさと手放すこと、

「感情の整理」なんて小難しいことを考える暇があるならば、

少しでも自分を気持ちよくさせてあげればいい。


「ちゃんとしていないとダメだ」


そうやって努力することは尊いけれど、

それを人に強いるようになったら、

どんどんおかしなことになる。


何も「隣人愛」を説きたいのではない。

裏切られ続けるなんてまっぴらだ。

 

「騙されたり、裏切られたり」


そういう目にあったら、

「憎しみ」なんて捨ててしまって、

それと同時にその関係も捨ててしまえばいい。


表面だけ繕って、

損得だけで繋がって、

いちいち感情を動かすことはしない。


「自分とは全く関係のない人」


関わらないといけないところだけ、

そこだけは我慢して、

あとは感情を殺せばいい。


嫌いな奴に「憎しみ」を向けるなんて、

わざわざ憎んでやることなんて、

無駄な労力だから、


憎みもしないけれど、

できるだけ関わりもしない。


それが嫌いな相手との正しい関わり方なのかな。