「怒る姿が想像できない」って言われるけれど

 f:id:tureture30:20200529084546j:image
 
「すぐに怒る人」
 
感情のコントロールが下手くそだからだとか、
怒ることで自らの存在を示したがるだとか、
そんなところだろうか。
 
怒りたいけれど「怒れない人」ってのもいるかもしれない。
 
きっと「自己犠牲的」もしくは「臆病」
そういう気質なのだろう。
 
だけれども、
「怒らない人」って、決まってドライだ。
「怒らない」のは「怒る価値がない」から、
 
怒りを露わにして、
そこから関係修復に費やすコストを冷静に勘定して、
割に合わないから「怒らない」という選択をする。
 
「怒らない人」って、
きっと他人にあまり期待していないのだ。

だから人のミスに対して許容できる範囲が広い。
 
そんな「怒らない人」がもし怒ったとしたら、
それはもはや「二度と関わりたくない」くらいの怒りだろう。

 
自己分析では、
私はおそらくこの「怒らない人」に当てはまる。
 
普段は温厚だ。
怒りをあらわにすることは滅多にない。
それこそ「怒る姿が想像できない」って言われるくらいに、
 
だけれども非合理を突き付けられたら、
人とぶつかることを厭わない。
大抵それで相手は面食らう。
 
「怒る」ことは珍しいけれど、
「怒れない」わけではない。
 
そんな私がイライラを抑えられない職場の二股クソ女、
何度か記事に書いている、
私の「惨めさの象徴」だ。
 
ピンポイントで反応してしまう。
もはや「生理的に無理」というやつなのだろう。
 
久々に関わって、
いや、厳密に言えば、
関わることを避けられてイラっとした。
 
関わられてもイラっとするし、
避けられてもイラっとする。
もはやどうしようもない。
 
存在自体がストレスだ。
 
私は関係がこじれたときに、
自分から歩み寄りの姿勢を見せるようにしている。
それでもダメならばバッサリと関わるのをやめるけれど、
 
彼女に対してもそんな時期はあった。
 
だけれども、
ことごとくすれ違って、
いつの頃からか私は関係を断つことにした。
もちろん仕事で必要な場合は除いて、
 
それを察知して狼狽えた彼女は、
私とトリッキーな関わり方をするようになる。
 
気持ち悪いくらいに媚を売る時期と、
挨拶も返さないくらいに避ける時期、
それを不定期に繰り返す。
 
「自分は悪くない」と主張できるギリギリの線を狙って、
いつも狡猾に「被害者ヅラ」をする。
 
本当に気持ちが悪い。
 
私はドライを演じているだけで、
きっとドライにはなり切れないのだろう。
こんなことでいちいち心を乱されているのだから、
 
「ルシファー・エフェクト」
 
「温厚で理性的な常識人」
いくらそう自己評価したところで、
人は環境に染まってしまうのだ。
 
緩やかな悪意に徐々に蝕まれて、
「憎しみ」は心の奥底に育っていく。
そして都合のいいロジックを作り上げて自分を正当化する。
戦争なんて全部そんなものでしょ。
 
「怒る姿が想像できない」
 
そう見えるだけで、
「憎しみ」は心の中に育っているのだ。
それを表に出さないようにしているだけ、
 
耐えがたい不誠実さに晒されて、
その環境に順応するために、
自分一人では解決できない劣等感を無理やり自己解決しようとして、
「惨めさの象徴」を人生から排除する。
 
そんな歪なロジックを組み立てることで、
何とかボロボロの自尊心に箔をつけてやる。 
惨めなことに変わりはないのにね。
 
気にしないように努めるほどに、
気になってしまう。
 
感情を動かさないように努めるほどに、
感情があることを意識してしまう。
 
一度嫌いになってしまったら最後、
「 気にしない」ことなどできないのだ。