「居場所」を作り出すということ

f:id:tureture30:20200712104634j:image

 

私はよく「人は居場所を守るために必死になる」

そういう表現を使う。


それに必死になるあまり、

周りのことを考える余裕をなくす。

そうやって人は堕ちていくのだ。


ここでいう「居場所」

「自分の存在を周りが認めてくれる場所」

そんなところだろうか。


私の「居場所」


ある面では地獄のような環境だ。

それと同時にある面では「ぬるま湯」だ。

 

仕事での「役割」は確保している。

そしてその「役割」は卒なくこなしている。

 

私生活は一人だから、

口出しされることはほとんどない。


コロナ禍になってからは特にそう。

一人で過ごす時間が増えた。


だけれどもその反面、

「私のやり方」が間違っていたとしても、

それを指摘してくれる人はいない。


表面上うまくいっていれば、

凶兆を孕んでいたとしても、

何事もないように進んでいくのだ。


そして私はそのことに気が付かない。


ペルソナを使い分けて、

「コミュニケーションコスト」を操って、

関係を取捨選択する。


そうして私は「ぬるま湯」を作り上げている。


「このままではダメになるな」

ふと、そう考えることが増えた。


「もともとダメだろ?」って、

そういう意見は置いておこう。


「努力していないと自分を認めてあげられない」


私は私のことをそう認識している。

「努力中毒」で「努力依存症」なのだ。


そこに手を付けていかないと、

いつまで経っても「満たされない」

そういうことになるのかな。


「先に進んでいる実感がない」


だからその実感が欲しくて、

ゲームに費やす時間が増えた。


ゲームはいい。


費やした「努力」や「時間」に比例して、

概ねきちんと先に進んでくれる。


そうやって「先に進んでいる」

そう錯覚することで自尊心を満たすのだ。


おまけにコミュニティに貢献すれば、

「居場所」まで確保できる。


「運」の要素をふんだんに盛り込み、

報われた時の快感を増幅させる。


射幸心を煽るだめに作り上げられた、

何ともよくできたソリューションだ。


だけれども、

「人生」はそうはいかないことばかり、


積み上げた努力が水の泡になることも珍しくないし、

理不尽に晒されることも多い。


文句を言ったところで、

そのバグに対応してくれる運営はいない。

自分で対処しないといけないのだ。


自分の意志で始めたつもりは全くないのに、

気が付いたら始まっていて、

途中でやめることは困難だ。


バグや裏技ばかりが横行していて、

ルール通りにプレーしていたら損をする。


常に周りと自分の立ち位置を伺って、

たった1つの順位の差だけで、

その後の環境が極端に変わってしまう。


一度大きく順位を落としたら、

先行者の妨害に晒されて、

もう一度順位を上げることは容易ではない。


それでもプレーし続けないといけないのだ。


「人生」って名前のフィールドに、

「居場所」を確保するために、

プレーし続けないといけないのだ。


エンディングに後悔だけはしたくないな。