人は死んだ後にまで「居場所」を求める

f:id:tureture30:20200805212150j:image

 

人は「居場所」がないと生きてはいけない。

だけれども、

それに加えて死んだ後にまで「居場所」を求める。

 

自分の肉体は消失して、

物理的に存在しなくなり、

自分は跡形もなくいなくなった世界、

 

そこにまで、

人は「居場所」を求めるのだ。


死後の残留思念だか、

そんな霊的なものを論じるつもりはない。

生前の話だ。


「この世界に生きた証」が欲しいのだろう。


「私を忘れないで」

「あとはよろしく頼む」


そうやって、

できるだけ長く誰かの心にいることで、

死を目の前にしても、

なお世界との繋がりを望むのだ。


人は「意味」を求める生き物、


人との関わりなしで生きてはいけない。

そればかりではない。

安心して死ぬこともできないのだ。


完全に自己満足の世界だけで生きて、

自己満足のままに死んでいく。


そういう人生のエンディングに生まれる感情、

それはどういうものなのだろう。


「虚しさ」


想像しかできないけれども、

それに近いものなんじゃないかな。


「満たされない」

 

いくら一人の方が気楽だなんて強がっても、

「強がる相手」すらいなければ、

それは「強がり」にもならない。

 

その裏に隠れている欲求、

その正体に薄々気が付いているのだ。


「誰かの役に立つこと」

「誰かの幸せに寄与すること」

「未来に繋がる何かを残すこと」


そういう実感が必要なのだ。


自分だけが満たされる。

 

自分のからに閉じこもったり、

誰かを踏み台にしたりして、

一時的には満たされたとしたって、

そんな「優越感」は長続きなどしない。

 

だから、

強がってばかりいないでさ。

人の中に飛び込んでいけばいい。

 

その中に一人くらいはさ。

気の合う人がいるかもしれない。

 

そしてその一人さえいれば、

それがきっとあなたの「居場所」になる。

 

「最後は一人で死んでいく」

 

よくそう言われるけれども、

「死に様」に人生が現れるのだとするならば、

最後の瞬間は人に囲まれていたいな。

なんだかそう思う。

 

それは私が「寂しがりや」だからなのか。

それとも「人としての本能」なのか。

それはわからない。

 

自分の子供や孫に囲まれて、

最後を迎えることができたならば、

きっとこれまでの人生に、

「確かな足跡」を実感できるのだろう。

 

そういうのっていいな。

だから人は子孫を繋ぐのかな。

 

この世界に、

「生きた証」を残すために、