無意識

f:id:tureture30:20200808100839j:image

 

どこまで行っても追いかけてくる。

どこに隠れてもすぐに見つかる。


心にふたをしてさ。

二度と出てこないように注意深く閉じ込めたって、

どこから抜け出してきたのか。


気がつくと目の前に現れる。

そして逃げようとして振り返ると、

そのまた目の前に現れる。

 

逃げることなどできないのだ。


「忘れないでよ」って、

「忘れたふりをしないでよ」って、

「本当は気がついているんでしょ?」って、

 

目の位置にある、

目のカタチをした空洞、

それが力強く訴えかけてくる。

 

ちょっとしたホラーよりも恐ろしい。

「無意識」ってやつ、


どこかで向き合わないといけないのだ。


意識しないようにすればするほどに、

ますます意識するようになる。


何か別の幸せで、

上から覆い隠したところで、

見えないところで育ち続けている。


そしてその存在に耐えられなくなって、

それと向き合いだしたところで、

簡単に折れてはくれないのだ。

 

どんどん蓄積された澱のようなもの、

それを少しずつ、

ゴシゴシと丁寧に磨いて落としていく。


少しずつでいい。

少しずつでいいからさ。

過去の自分を許してあげようよ。


惨めでみっともなくてさ。


バカでアホでドジでまぬけで、

救いようのないクズかもしれないけれどさ。


そいつを許してあげられなかったら、

いつまでも自分を好きになってあげられないよ。


たくさん努力して、

ここまで色々なものを積み上げて来たのにさ。

向き合うべきものと向き合わなかったらさ。

 

これから先、

いくら努力をしたところで、

自分を好きになってあげられないよ。


「許し方」


時間をかけて、

「これでもか」というくらいに、

向き合うしかない。

 

「夢」はきっと、

そのための大事な手がかりなのだ。

 

睡眠が苦手になってしまって、

もう4年以上向き合っているけれど、

私はまだ許せていない。


まだまだ時間がかかるのかな。


自分の弱点は、

自分が一番よく知っているから、

痛いところばかりをついてくるのだ。

 

強かでもっとギラギラしていて、

理想に燃えていた私、

 

まだそういうところはあるかもしれないけれど、

基本的に「できない人が悪い」と思っていた。

「努力が足りない」のだと上から見ていた。

 

だから自分がメンタルやってしまって、

できなくなったときに思い知った。

 

「誰もが目に見えない色々な事情と向き合って、

今ここで生きているんだって、

必死に生を繋いでいるんだって」

 

視野が狭かったのは私だ。

 

今では痛みに敏感になってしまった。

弱くて脆くて怯えてばかり、

 

だけれども、

他人の痛みにも敏感になれたのかな。

 

痛みを悼む。

多くの物を抱え込む人生、

 

天童荒太『悼む人』

たしか直木賞作だ。

 

ずいぶん昔に読んだけれど、

最近頭に浮かぶ本、

再読の時期なのか。