さんざん傷つけられたからって誰かを傷つけていいわけじゃない

f:id:tureture30:20191117075612j:image

 

そんな当たり前のことも忘れてしまう。

「怒り」は自分への期待の裏返し、


信念だとか、

自尊心だとか、

そういうものを傷つけられて生じるもの、

 

そういうものたちは、

人生を彩る上では欠かせないもの、

スパイスの役割を果たしてくれる。

 

だけれども逆に考えれば、

そういう物を持たなければ、

怒りは生じない。


もしくは、

誰にも傷つけられないくらいに、

確固たるものであれば、

「怒り」どころか「慈悲」が生じる。

「あわれだな」って、


傷つけられたからって、

相手や他の誰かを傷つける。

 

それって自分が未熟だったこと、

 

相手の足りないところばかりに目を向けて、

自分の足りないところにはモザイクでもかけて、

都合が悪いからとりあえず隠してみる。

 

「とりあえず局部は隠しています」って、

AVの編集でもしているのかな。

 

それでは怒りの矛先と同じように、

相手からもその矛先を向けられても仕方がない。

「肝心なところが見えないじゃないか」って、

 

そうやって戦が始まるのだ。

「見えないところを見せろ」って、

 

相手のことを知りたいのに、

大事なところは見えないじゃないかって、

「大事なところを見せろ」って、

断っておくけれど「心」の話、

 

「本心がわからない」

だから相手を恐れる。

これ以上は傷付きたくなんてないから、

だから避けるようになる。

 

どちらも未熟だから、

「怒り」と「怒り」をぶつけ合って、

どんどん感情ばかりが先に進んでしまって、

どこかで爆発してしまう。

 

そうなると修復は難しい。

どちらかが「自分の弱さ」と向き合うしかないのだ。


どんどん醜くなる。

自分も相手も、

 

どんどんどんどん醜くなって、
周りには醜い人ばかりが寄ってくるようになる。

 

どんどんどんどん醜くなって、

やがて醜いってことにも気が付かなくなる。


そうなってしまったら、

自力での復活はもはや見込めない。


救いの手を差し伸べてくれる誰かに、

その救いの手にすがるしかない。


「人を呪わば穴二つ」

 

穴を掘っていることに気がついたら、

シャベルを放り投げて、

その両手の震えをジッと見て、

その怯えや恐怖の正体と向き合うのだ。

 

穴を掘り終えてしまったら、

憎しみの引力に引き寄せられて、

「もうやるしかない」

そうなってしまうよ。

 

鏡を見て、

醜さと向き合って、

それを受け入れて、

 

どこまで行っても、

憎しみの果てに、

幸せなんてあるはずがないのだから、