「今の私」から見えている景色

f:id:tureture30:20201029075146j:image

 

大きな心境の変化だ。


「恋愛」だの「結婚」だのに対する、

私の「恋」は終わったのだろうか。


「恋に恋する」っていうけれども、

まさにそんな感じだったのかもしれない。


「いい年したおっさんが何を言っているのだか」


私は「失った青春」を取り戻すために、

「恋に恋していた」のかな。


ずっと「低いところ」を飛んでいた気がするけれど、

少しずつ高度を上げてきたようだ。

 

「低いところ」から見える景色に飽きてしまったのかな。

 

だからそれを手放して、

次のステージに進もうとしているのかもしれない。


状況は変わらない。

相変わらず私は童貞だ。


だけれども心境は変わった。

そのことに自尊心を損なわれることがなくなったのだろうか。


あまりにもボロボロになった、

「男としての自尊心」


もはやその有様に対して、

私は「匙を投げた」のかもしれない。

 

だから「落ち着きそうなところ」

 

今は自分に言い聞かせるようにして、

着陸地点を見つけようとしている。


変にたくさんのチャンスを与えられたものだから、

「ボロボロの自尊心」を復旧させることに躍起になっていたけれど、

なんだか疲れてしまったのかな。


「高く飛ぶための燃料」は一つではない。


一つの燃料が尽きたのならば、

別の燃料に変えればいいのだ。


周りを変えようとする必要なんてない。

自分が変わればいいだけだ。

 

次に着陸した時には、

また別の燃料を補充して、

また違う景色を見るために飛び立つのだ。

そして今度は一人ではないかもしれない。


今はまだ「低いところ」から見える景色、

 

その中で次の行き先を探っているけれど、

もしかしたらこの景色は見納めなのかもしれない。

 

今のうちに「今の気持ち」と向き合って、

それを消化しておきたい。

 

人生というものは、

いつまでも高いところを飛んでいるわけにはいかない。

 

目的地に着陸するために、

高度を下げて雷雨の中に突っ込まなければいけないこともある。

 

自分で高度を変えながら、

そしていろいろな燃料を補充しながら、

次の行き先へと向かい続けるのだ。


燃料さえあればどこへでも行ける。

そしてその燃料は自分で選ぶことができる。

 

今の私が目指しているものは、

「ボロボロの自尊心」の復旧ではない。

 

私とばかり向き合っていた私、

そろそろ「他の誰か」と向き合う時期なのだろうか。

 

そして「他の誰か」

 

まだ関係性は不確かなものだけれども、

そう思える相手がいるというだけで、

穏やかな気持ちを保つことができる。

 

次の行き先も決まらない中で、

その行き先を指し示すかのような一筋の光、

私はその光にすがりついているのかな。

 

そうなのかもしれないし、

そうではないのかもしれない。


人生というものはなんと素晴らしいものなのだろう。

なんだか少しだけそう思えた。