「恋愛関係」なんてものはエゴとエゴとのぶつけ合い

f:id:tureture30:20201116063611j:image

 

「期待」


相手に対する期待値が、

相手のそれを上回った分だけ、

「失望」に変わる。


「恋なんて言わばエゴとエゴのシーソーゲーム」

いぇーーーえー。

 

って、

ミスチルもそう歌っている。


自分と相手の「期待値」が、

大体同じくらいで推移して、

その関係がしばらく続いてやっと交際に至る。


交際してからも、

その「期待値」を互いに探り合って、

高止まりしている時もあれば、

地に落ちている時もある。


不思議なことに「地に落ちている時」でも、

お互いがお互いに関心があるならば、

意外と関係性は崩れることが少ない。


人は変化を嫌う生き物だから、

慣性の法則」に従って、

ズルズルと関係を続けるのだ。


あまりにも互いの「期待値が低い状態」が長引くならば、

その期間と相手との関係性を天秤にかけて、

「別れ」を選択するのだろうけれども、


「結婚してくれないの?」だとか、

「触らせてもくれない」だとか、


結局、最後はどちらかの期待値が高まって、

相手がそれに応えることを拒んだ結果、

終局を迎えるのだろう。


だから「期待値の差」

そこに関係継続の肝がある。


女性が男性パートナーに対してイライラする場面、


「感情をぶつけたときに相手が黙り込む」

というもの、


基本的に男は、

自分の感情を言語化することが得意ではないから、

アウトプットの方策を探っているうちに、

女性から2の手、3の手が来るのだ。


そうこうしているうちに、

言葉が出なくなる。


「何か言ったらどうなの?」って、

そう言われた時点でもはや戦意喪失なのだ。


感情的になってもいいことはないけれども、

感情が絡まったときには「話し合い」が必要、


フラットに言い合える環境、

それを互いが提供しあうべきなのだろう。


そして、

そこにも「期待値の差」が見え隠れする。


女性の求める「男らしさ」

そして男の求める「女らしさ」


ベクトルの方向はほぼ真逆かもしれないけれども、

同じ力で引きあっていないと、

一方に引きずられてしまうのだ。


その均衡が崩れるほどに、

「こんなはずじゃなかった」って、

「失望」が生まれる。


そのたびにエゴをぶつけて、

エゴをぶつけ返される。


「身近な人」だからこそ、

「醜い部分」を見せあえるのだ。


パートナーが「身近な人」ではなくなったら、

それこそ感情のやり場が無くなってしまう。


「ケンカばかり」だって嘆くけれども、

「ケンカ」が続く限りは大丈夫なんじゃないかな。


だけれども気をつけなければならない。


その人とこの先も一緒に歩む未来が見えないのであれば、

きっとその直感は正しいのだ。


自分が一方的にエゴをぶつけていたり、

相手からのエゴを一方的に受けていたり、


そこに「等価交換」がなければ、

その関係は破綻している。


私はいつだってグッと堪えて、

相手のわがままを「作り笑い」で受け止めるばかり、


相手の気持ちばかりを先回りして慮って、

だから相手は「裏があるんじゃないか」って、

不信を感じて逃げていくのだ。


「もっとわがままを言って欲しかった」


去年言われた別れ文句、


「体の良い言い訳」くらいに思っていたけれど、

案外、的を得ているのかもしれない。


私は「誠実」であることにこだわりすぎているのかな。

 

それとも、

「作り笑い」と思われてしまう、

器の小ささに問題があるのかな。


私の「エゴ」をぶつけるのが苦手なところに、

天敵である「恋愛」に対する勝機があるのかもしれない。


そもそも「恋愛」を天敵とみなしている時点で、

ズレている気がする。

 

「恋愛」は本来楽しむものだ。

そして「結婚」は必ずしなければならないものではない。

 

だけれども私はそれを求めてしまっている。

そして私は「恋愛」がとことん苦手だ。

 

求めるものを得るためには避けては通れない。

やはり「恋愛」は「人生の天敵」なのだ。