毎日メッセージをやり取りしているけれど

f:id:tureture30:20210120061319j:image

 

毎日メッセージをやり取りしている女性がいる。

だけれども会うことはできない。

 

緊急事態宣言下ということはあるけれども、

本当にそれだけなのだろうか。

 

どこか心ここにあらず、

そんな様子がうかがえる。

そしてそれは私も同じ、

 

連絡は向こうから来た。

異性とつながっている感触が欲しいのだろう。

そしてそれは私も同じ、

 

「寂しさ」を埋めるための道具、

お互いがお互いをそのように使っている。

 

利害関係の一致、

 

ある意味では「結婚」というものも、

同じなのかもしれないな。

 

だからこのフワフワした関係の延長線上にあるもの、

結果はそこにあるのかもしれない。

 

この年になってくると、

目的がはっきりしているのだ。

 

女性から見れば「減点評価」で進んでいって、

及第点を維持していれば合格となる。

そしてどこまでもその評価方式は続いていく。

そんな品定めの仕方、

 

「結婚」してからも減点は止まらず、

それではどこまで行っても妥協でしかない。

 

「人の心」というものは、

そんなに簡単に割り切れるものなのかな。

 

人並みに経験を積んできたのならば、

「もういいや」って、

そういうものなのかもしれない。

 

だけれども私には経験が足りないのだ。

だから「恋愛」に多くを求めてしまう。

 

どこかで妥協しないといけないのかな。

 

「気持ちの通じ合う関係」というものは、

若いうちにしか構築できないものなのかな。

私は多くを望みすぎているのかもしれない。

 

変に「モテ期」を経たものだから、

望んで努力すれば希望は叶うって、

妄想ばかり膨らませて、

結局はいくつもチャンスを逃し続けてきた。

 

そうして一人で迎える自粛期間、

手元には何も「育むもの」がないのだ。

 

だからメッセージのやり取りをして、

何かを「育んでいる気」になる。

おそらく相手も同じなのだ。

 

一昔前の私ならば、

きっとこう思ったはずだ。

「その関係の先に未来はあるの?」って、

 

だけれども、

「未来はある」のかもしれない。

 

その先にある「結婚」というものだって、

どこか私が「憧れ」を抱いていただけで、

憧れるほどのものでもないのだから、

 

手に入らなければ入らないほど、

時間をかければかけるほど、

人はそのことに執着するようになる。

そして多くを求めるようになる。

 

虚像ばかりが大きくなって、

実像は遠ざかるばかり、

 

どこかで折り合いをつけて、

「これくらいかな」って妥協して、

その中で生きていくしかないのかな。

 

「好意」

 

それは少しばかりの燃料にはなるかもしれないけれど、

その「多寡」で未来が決まるわけではない。

 

互いが妥協した先に広がる道だとしても、

その先に「不幸」が待ち受けていると決まったわけではない。

進んだ先がどうなるかは当人たち次第なのだから、

 

私はただ、

好きあって結ばれたいだけなのに、

それはなんて難しいことなのだろう。