「優しい世界」のつくりかた

f:id:tureture30:20210403070415j:image

 

自分の「居場所」が欲しいから、

都合の良い情報だけをかき集めて、

それを材料に「小さな家」を作った。


その「家」の中にいれば、

見たくもないものは見なくていいし、

聞きたくもないものは聞かなくてもいい。


人とのかかわりは必要最低限にとどめて、

あとはその家に引きこもっていればいい。


その「家」は持ち運び可能だから、

どこに行く時でも大事に抱えてさ。

いざとなったらそこに飛び込むのだ。


めんどくさくなりそうなことに直面したら、

とりあえず飛び込んで、

困っている人に助けを求められても、

とりあえず飛び込んで、


誰から何を言われても、

波風立たせないように同調していればいい。


「さすが~」

「しらなかった~」

「すごい!」

「センスいい〜」

「そうなんだ~」ってさ。


上辺だけで付き合っていたらきっと、

傷つくことなんてない。


心の扉を閉ざしていれば、

誰も「家」には入ってこれない。


そうやって過ごしていたらさ。

「あっ」という間に人生なんて終わってくれるでしょ。


みんながみんなのことを褒め讃えて、

みんながみんなの心に必要以上に干渉しない。


そういうのが「優しい世界」だ。

優しくて優しくて涙が出てくる。


隣にいる大切な人、

 

その目の中を見つめてみる。

「じっ」と見つめてみる。


その目は誰のことも見ていない。

そんなことに気がついてしまった。

知りたくなんかなかった真実、


狼狽えながら周りを見渡すと

あの人も、この人も、

一様に同じ目をしていた。


鏡を覗いてみる。

そこに映った瞳もまた、

みんなと同じだった。


ぼくは思った。

「みんな同じ、なんて優しい世界なんだろう」