「生きるに足る理由」と「死に至る理由」

f:id:tureture30:20210726061257j:image

 

鋭利な刃物で刺されて、

そこからさらに抉られる。

読むだけで「痛い」と感じる文章に出会うことがある。


その多くは「心の叫び」


声にすることは叶わないけれど、

誰かに届いてほしくって、

形として残された言葉たち、


誰かに届いたところで、

その言葉たちは役目を終えることはない。


「形に残す」ということは、

作った本人がこの世にいなくなったとしても、

残り続けるということ、


二階堂奥歯『八本脚の蝶』

tureture30.hatenadiary.jp


前に記事にしたけれど、

25歳でこの世を去った著者のあまりにも不器用に「生」と向き合う様、

身体的には「生きる」に事欠かない現代日本でこれほどまでに苦しむ。

その姿を想像すると容易に「死」を肯定できてしまいそうなくらいだ。


「生きた証」を残したかったのか。


彼女は自らの言葉でブログを締めくくるが、

閉鎖することはなかった。

彼女の文章は今でもネット上に残り続けている。


「生きるに足る理由」

 

危険な領域に踏み込むことになるけれど、

人は「死ぬ理由がないから生きている」


「生」を実感することなく、

「死」を実感することもなく、

ただただ時を重ねている。


「人生の大半は自由時間」


そういうCMがあった。

ライフステージが進まないと、

あまりにも自由な時間を持て余しすぎて、

「虚しさ」ばかりが募るようになる。


今の私は「生きる理由があって生きている」のか。

それとも「死ぬ理由がないから生きている」のか。

もはや、どちらかもわからない。


親に対する責任はあるから、

先に死ぬわけにはいかないと思うけれど、

その他に誰に対する責任があるわけでもない。


少し前に3人の子供を抱える友人が話していた、

「俺は子供たちのためなら何でもやるよ」という言葉、

なんとも「素敵な響き」として脳裏に蘇る。


コロナ禍が助長していることもあるけれど、

ライフステージが変わるにつれて友人との接点は減っていく。


一人で過ごす時間が増えたものだから、

実家に帰っては時折、姪や甥と遊ぶことで、

進まないライフステージの慰めにしている。


「何もない」


社会における役割はあるかもしれないけれど、

それは代替の効くものだ。


私でなければならない存在意義、

そういうものがあまりない。


異性として愛されることはなく、

パートナーに対する責任や、

親としての子に対する責任、


そういうものが全くないのだ。


幸い「楽しい」と思えることはあるけれど、

その何倍も「虚しい」と感じる時を耐える。


老後に向けてコツコツ蓄えて、

健康管理に時間を費やしてはいるけれど、

それも何のためだかわからない。


私は私の将来に何を望んでいるのだろうか。


必死に遅れた「恋愛経験」を取り戻そうとしてきたけれど、

出会いの数を重ねても関係が進むことはなかった。


もちろん臨む相手と結ばれる魅力がなかったのだろうけれど、

心の底から私がそれを求めていたのかもわからない。


売れ残った挙句に期待値ばかり高くなり、

妥協できないという悪循環、

私が求めているのは「自尊心を満たすこと」なのかもしれない。


相手の容姿やら年齢ばかりを気にしてさ。

もはや何を求めているのだろう。


文章が雑多になってきたな。

話を戻そう。


「生きるに足る」理由と「死に至る」理由、


深く考えるほど深みにハマる気がする。

月並みだけれども「気がついたらその日を迎えている」

そういう終わり方が理想なのかもしれない。


将来のことを考えすぎても悩みは尽きないし、

逆だと取り返しのつかないことになるかもしれない。


結局結論は出ないのだけれども、

「多くの人は理由があって生きているわけではない」

加えて「明確な意思を持って死を選ぶ人は稀有である」

その辺りは間違いなさそうだ。


何が書きたかったのかわからなくなったな。


とにかく今は次のステージに向けて生活を変える必要がある。

これまでと同じやり方ではいけないのだ。

 

そのことに必死になって、新たな居場所を確立すること、

それが今の私にとっての挑戦、

 

それが「生きるに足る理由」になるのかな。