【プロ野球2021】東京ヤクルトスワローズ!20年ぶりの日本一!

f:id:tureture30:20211128011456j:image

(出典:東スポWeb)

 

ヤクルト2-1オリックス

 

5時間を超える大熱戦!

最後の最後にドラマが待ち受けていた!

 

川端慎吾で決めるなんて最高かよ!!!

 

2015年、前回リーグ優勝時の主力で首位打者最多安打を獲得、

しかしそこからは腰痛ヘルニアに悩まされて手術をするなどコンスタントに試合に出ることができませんでした。

今年は代打の切り札として歴代2位となる代打でのシーズン30安打!

 

ここぞでチームを勝利へと導いてくれました。

 

出てきた時から「これは天才だ」と思っており、

首位打者を獲得する選手になる」と、たびたび前に書いていた野球ブログに綴っており、実際に2015年に首位打者を獲得!

しかしその先があるとは!!

 

スワローズを日本一へと導く一打!

 

【応援歌】

バットに夢を乗せ

放つその打球で

ツバメを勝利へ導け慎吾

 

もはや、この歌を何度歌ったかわかりません。

まさにファンの想いをそのまま体現してくれました。

 

もう一度書きます。

川端慎吾で決めるなんて最高かよ!!!

 

最後は青木に始まり、山田も村上も、石川も中村も、そして川端も熱い涙を流していましたね。

 

最後を締めたのはマクガフ!

3イニングに及ぶ力投でした。

ここまでは悔しさの先行する日本シリーズ

全てを喜びに変えました。

 

マクガフに始まり、マクガフに終わる。

そんな日本シリーズだったのかもしれません。

1勝2敗2Sという成績がそれを物語っています。

 

動く中嶋監督に対して、不動の高津監督、

そんな采配が印象的でした。

高津監督はモチベーターとしての手腕がすごいのだと感じます。

 

先発・高梨の力投も見逃せませんね。

今年は「負けない投手」として後半戦は大活躍、

リーグ優勝を決めた試合の先発投手も高梨でした。

そこからスアレス、清水、田口、マクガフと想いを繋ぎました。

 

流れは完全にオリックスの苦しい試合でしたが、本当に粘り強く1点で抑え続けましたね。

どこかで誰かが崩れていたら9回で負けていました。

 

失点シーンも不運な形の失点でしたから、実質的には1点もやらないという気迫の投手戦で、山本由伸に真っ向勝負、

引けを取らない勝負をできたということでしょう。

 

高津監督の言葉通り、

全員で掴み取った勝利です!

 

不動のリードオフマン・塩見泰隆

今年は本当に「一流選手」でした。

シーズン通して一番センターとして申し分ない活躍!

もう声を大にして言いふらしても恥ずかしくないです。

リーグ3位の盗塁に好走塁!

CSではMVP級の活躍、日本シリーズでもここぞで出塁して相手にプレッシャーをかけてくれました。

先制タイムリーに加えて、最後は塩見が出なかったら決勝点に結び付かなかったですからね。

見えない貢献度はものすごく大きいです。

塩見!ありがとう!

 

レジェンド安打製造機青木宣親

2015年のリーグ優勝時はメジャーに行っており、これだけの選手にも関わらず、日本での優勝経験はなし、

「スワローズで優勝したい」とバリバリのメジャーリーガーでありながらチームに復帰!

大ベテランですが、試合に出続けて結果でもチームを引っ張ってくれました。

最後は涙を堪えきれず、その姿がチームに対する想いを物語っています。

青木!ありがとう!

 

ミスタートリプルスリー・山田哲人

7年40億ともいわれる超大型契約を経て、

今年は「何かが変わらないといけない」と、自らキャプテンを志願、

数々の伝説に「東京オリンピックMVP」という1ページを加えて、チームでも30本100打点を達成、

不動の3番打者として、キャプテンとしてチームを牽引しました。

名実共にチームリーダーでしたね。

今年のスワローズは山田のチームと言っても過言ではありません。

山田!ありがとう!

 

若き主砲・村上宗隆

若干21歳にして、セ・リーグのホームラン王、

打点も1差の2位と不動の4番として、リーグを代表する成績を残しました。

持ち前の打撃のみならず、守備に足に度胸に、今年1年間で本当に大きく育ちました。

JAPANでも結果を残し、間違いなく日本球界を背負うスラッガーになるでしょう。

日本一の経験を上積みして来年はどこまで飛躍するのか。期待しかありません。

村上!ありがとう!

 

ここぞで一発!ドミンゴサンタナ

ペナントの終盤は打ちまくっていましたからね。

サンタナがいなければリーグ優勝もなかったでしょう。

守備に課題も、それを補ってあまりある打棒で、下位打線に厚みを持たせてくれました。

最後は5番に昇格するとここぞでの1発を量産!

山田、村上との勝負を避けることができなくなるという意味で相手に与える心理的プレッシャーは大きかったでしょう。

日本シリーズでもここぞで2本のホームラン!

しかも選球眼も良い。

素晴らしいバッターです。

サンタナ!ありがとう!

 

扇の要・中村悠平

日本シリーズのMVP!

数字には現れなくても、今年のシーズン通してのMVPは間違いなく中村です。

攻守にわたり、まさに「要」でした。

昨年まではリードを酷評されるなど悔しい思いをして、今年のキャンプは古田臨時コーチに食らい付き、徹底指導を受けて「キャッチャーがその気になってチームを勝たせるんだ」との言葉に奮起!

外一辺倒からインコースを強気に攻めたり、遊び玉を作らない3球勝負を増やすなど、明らかに姿勢が変わりました。

貢献は守備に留まらず、6番打者としてここぞでの一打を量産、

中村が「打てる捕手」というアドバンテージは、チームにとってかなり大きいものでした。

お前がヒーローだ。

中村!ありがとう!

 

Mr.全力プレー・ホセ・オスナ

夏前にチームに合流すると、選球眼の良さとヒットを量産して打率3割以上をキープ、

一次は首位打者を窺う活躍、

5番に座り、村上の後ろで相手にプレッシャーをかけました。

後半は少し落ち込むも、安定した守備と常に全力疾走!

その姿はチームを鼓舞しました。

日本シリーズではコンスタントにヒットを放ち、4戦目では決勝点となるタイムリー、

このオスナが7番にいるのは相手にとって嫌だったはず、

チームに厚みをもたらしてくれました。

オスナ!ありがとう!

 

隠れた功労者・西浦直亨

あまり目立ちませんが、守備の安定性や意外性のある打撃でチームに貢献、

日本シリーズでは本当に良い守備を多く見せました。

長年、ショートを固定できない中で、この西浦が今年はよく頑張ってくれました。

意外と長打もある嫌なバッターでもあります。

ライバルは多いですが、打撃の確実性が増せば来年もレギュラーとなるでしょう。

西浦!ありがとう!

 

チーム最多イニング登板・小川泰弘

若い投手が出てきていますが、シーズン通して先発で最も貢献度の高いのは、小川泰弘!

2011年のドラフトでヤクルトに入団すると新人王の年に最多勝

長年エースとしてチームを支えてくれています。

終盤は失速しましたが、それでもチーム最多タイの9勝!

今年も大きな支えとなりました。

クールな立ち振る舞いですが秘めた熱い闘志!

まだまだ簡単にエースの座を渡すわけにはいかない。来年も頼む!

小川!ありがとう!

 

シーズンホールド日本記録・清水昇

リリーフから一人挙げるならば、この清水しかいません。

前年もリーグホールド王に輝くと、今年はプロ野球記録となるシーズン50ホールドを達成!

8回を任されるセットアッパーとしてチームを支えてくれました。

72試合に登板したにも関わらず、防御率は改善されて飛躍の年、

球界屈指のセットアッパーへと成長しました。

大変な役割ですが、これからもケアしながらチームを支えて欲しいです。

清水!ありがとう!

 

 

さて、今年のスワローズは規定打席到達の3割打者不在、

二桁勝利投手不在と日本一のチームとしては非常に珍しいシーズン運びでした。

 

今年のスワローズほど、「全員野球」で日本一に輝いたチームは過去にいないのかもしれませんね。

 

特に終盤は、誰かの調子が上がらないと誰かが絶好調でカバーするような試合が多かったです。

 

若い投手もたくさん出てきましたし、神懸かり的なベテランの活躍もありました。

 

20歳の奥川から41歳の石川まで、多くの選手が戦力としてチームに貢献する素晴らしい雰囲気、

スワローズの真骨頂が見えたように思います。

 

それをまとめたベンチ、スタッフ、フロントの皆さん、

そして最後まで勝利を信じ続けたファンの皆さん、

 

みんなで掴み取った日本一だと思います。

 

今年は最高のシーズンでした。

本当にお疲れ様でした。

感動をありがとう!

来年も素晴らしいシーズンにしたいですね。