話題のバンド「ヨルシカ」の曲に衝撃を受けた

f:id:tureture30:20200508080513j:image

 

前にも記事にしたが、

テレワークをしているものだから、

音楽をかけながら仕事をしている。

tureture30.hatenadiary.jp

 

最近の私の情報源はほとんどAmazonだ。

このバンドもAmazon musicで知った。

 

適当に曲を流していて、

「これは!」と衝撃を受けたので調べてみた。

 

 「ヨルシカ」

2017年に結成した男女二人組バンド、

作詞作曲を担当するギタリストのn-buna(ナブナ)さんと、

女性ボーカルのsuis(スイ)さん、

 

「先入観」を与えたくないとの思いから、

容姿や経歴は非公表としているらしい。

n-bunaさんはボーカロイド出身、

歌詞の複雑さからそれが滲み出ている。

 

 

私は音楽の魅力は「音の外し方」にあると思っている。

絶妙な音の外し方を聞くと、

その違和感に心ひき寄せられて聞き入ってしまう。

 

ボーカロイド出身者の特徴でもあるのだろうか。

米津玄師さんの曲もそういう「音の外し方」がうまい。

 

歌い手は自由自在だから、

歌詞や歌手ありきの曲ではなく、

曲に歌詞を乗せて、

曲に合う声をマッチングさせるのだろう。

 

もちろん歌詞がいい加減というわけではない。

商業主義にまみれていないまっすぐな歌詞が心を打つ。

 

そこから派生した音楽、

音の多さと歌詞の複雑さ、

それが特徴的、

トリッキーな強弱のつけ方をする。

これが新しい音楽というものなのだろうか。

 

今の音楽に特別詳しいわけではないけれど、

ボーカロイドが世に出てから16年が経つらしい。

 

テクノロジーの発達によって、

もしかしたら埋もれていたかもしれない、

そんな多くの才能を引き揚げたのだろう。

 

正攻法ではうまくいかないこともあるだろう。

だけれども聴衆の支持を得れば見る目は変わる。 

 

世の中きっとそういうもの、 

  

「ヨルシカ」

 

特に印象に残った曲をいくつか紹介する。

どれも疾走感がすごい。

 

 

言って。


だから僕は音楽をやめました

 


ヒッチコック


 

八月、某、月明かり

 

藍二乗

 

心に穴が開いた

 

詩書きとコーヒー(cover)

 

爆弾魔 (cover)

 

 

700の記事を書いて

f:id:tureture30:20200507065726j:image

 

昨日の記事は700個目の投稿となりました。


600から振り返ってみると、

あまりにも変化のあった3ヶ月余り、

 

2月は出張三昧に、

最後のデート、そして音信不通、

3月は心を掻き毟られるような日々、

イライラが止まりませんでした。

 

そして4月からの緊急事態宣言発令により生活は一変、

とても慌ただしく、

ある意味では落ち着いた日々を過ごしています。

 

ゴールデンウィークは恐ろしいほど何もなく、

少し走って筋トレして、

あとは読書とアニメと映画とゲームばかりに時間を費やしました。

 

一度行ったオンライン飲み会、

思いのほか盛り上がり来週も行う予定です。

 

思えば、

私のことばかりを書いていたブログでしたが、

この期間には大きな変化がありました。

 

「コロナに負けるなシリーズ」の執筆、

 

せっかく何かを発信しているのだから、

「励ましを送りたい」

そういう思いで始めました。

 

これを機にお陰様で多くの方と、

新たに繋がることができました。

 

私のブログ、

「言葉にできない気持ちを吐き出すための場所」から、

少し変わってきたのかもしれません。

 

私のブログに対する向き合い方も、

少し変わったように思います。

 

「自我の芽生」とでも言うべきでしょうか。

 

好き勝手に気持ちを吐き出していただけの幼児期から、

どこか社会的な意義を求めるようになったのかもしれません。

これが今後にどう影響するのかは私も楽しみです。

 

気がつけばブログを始めてから2年を経過し、

読者様も1000人を超えました。

 

いつもコメントをいただいたり、

ブックマークをつけていただいたり、

スターをつけていただいたり、

本当にありがとうございます。

 

当面は私の生活に変化はなさそうです。

 

このような調子で継続する予定ですが、

気が向いたら引き続きお付き合いください。

 

いつも本当にありがとうございます。

 

アルベール・カミュ『異邦人』

f:id:tureture30:20200506093347j:image

 

ノーベル賞作家、

アルベール・カミュの代表作、


確か学生の頃に課題か何かで購入したもの、


書棚を漁っていると出てきたので、

ふと手に取るとそのまま最後まで読んでしまった。


テーマはとても多様な解釈ができる。

 

私の解釈では、

アナキストの視点から社会における不条理と同調圧力の滑稽さを浮き彫りにする」

というところか。

 

アナキストと言っても、

いわゆる「無政府主義者」ではなく、

心の拠り所を持たない「無神論者」に近いか。

それが表題の所以だと感じる。

 

以下あらすじ、

 

世界に無頓着、

というよりは社会に無頓着というべきか。


亡くなった母の葬儀を淡々と済ませ、

涙一つ流さない。


悲しみにくれるでもなく、

翌日には恋人と喜劇映画を見て、

情事に耽る。


だけれども自然に安らぎを感じたり、

自らの理をもっている。

それが社会の常識とは一線を画しているだけ、


そんな無味無臭な主人公の男、

 

その視点で語られる「生と死」「社会の滑稽さ」

その緻密な描写はとても読み応えがあった。


ある日、主人公は事件を起こす。


友人と恋人と海水浴に出掛けた先で、

危ない仕事をしている友人を恨む男が襲い掛かる。


そのやり取りの中で、

主人公は相手の男が構えた刃物を照らす、

太陽の光に正気を失ったかのように男を銃殺してしまう。


そうして逮捕され、

何もかもを失い自由を奪われながらも、

その生活の中でも自らの理を曲げずに、

ささやかな自由に身を投じて淡々と生きる。


自らの裁判をどこか俯瞰して見ており、

「私の裁判なのに私のいる必要などないように淡々と進む」と評する。


動機を「太陽が眩しかったから」と言い放ち、

母が亡くなっても悲しみ一つ見せない態度や、

裁判中の不遜な態度を反省の色無しと判断され、

判決は「死刑」


何度も神父が訪ねて懺悔を進めるも、

彼は「神など信じていない」と拒否、


そんな彼が唯一感情を露わにしたのは、

神父のしつこさと神を絶対視して止まない態度だ。


たとえ牢獄にあっても、

自分の心は何者にも縛られない。

 

そのような主張をして神父を罵った後に、

妙な悟りを得た彼は、

処刑台にて嘲りと恫喝を浴びせられることを、

今生最後の望みとして命尽きるその時を待つ、


処刑を前にしても彼の心は安らぎに満ちていた。

 

f:id:tureture30:20200506094437j:image


『異邦人』


そのタイトルは、

「人とは異なるもの」

「人ではないもの」

そのような意味が込められている。


当時の西欧社会を鑑みると、

「神を信じないもの」と言い換えられる。

今で言えば「社会を信じないもの」か。

 

同調圧力をものともせずに、

「空気」だとか「雰囲気」を読まない人、

そんな人が現代の「異邦人」に当たるのだろう。


「全く忖度をしない」


それが「異邦人」

持ちつ持たれつの歪な関係で繋がれた社会、

半ば「空気を読むこと」が当たり前となっている。


1942年に書かれた作品だけれども、

当時の西欧でもそのような空気に支配されていたのだろうな。


人間は多様性を持つ生き物だ。


知恵を身につけたばかりに、

育ってきた環境が他の生物の比にはならないほど複雑に絡み、

各々の性質を作り上げる。


「自分らしく生きること」と、

「人間らしく生きること」


一個人に置いて、

必ずしもそれが一致するとは限らないのだ。


だけれども「人間らしさ」

そういう社会規範というルールを作る側から見て、

「異質」とされたならば「排除」の対象になる。

 

ルールに守られるからには、

ルールを守る必要がある。

 

そうやって人は、

自らを守るとともに自らを殺し、

生きやすくすると同時に、

生きづらい環境を手に入れた。


本作では「殺人」という、

センセーショナルな書き方をしている。

それはもちろん罰せられるべきだ。


しかし組織にいると、

必要かどうかもわからない同調圧力

そういうものにうんざりすることはたくさんある。


「自分らしさ」を貫くことで社会に殺される。

そういう大きくなりすぎた同調圧力に、

一石を投じる作品なんじゃないかな。


主人公像は純文学のそれだ。

無味無臭な主人公の視点から描く社会風刺、

村上春樹作品に通じるものがある。

 

確か『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』の中で、

本作に言及していたはずだ。


ただ村上春樹作品と決定的に違うのは、

「市井の人」ではないこと、


村上春樹作品の主人公は総じて、

小賢しいけれど小市民だ。

 

大きな傷を抱えていて、

それと生真面目に向かい合いながら生きている。

無感情に人を殺めることはまずない。


ただ多くの作家が影響を受けた作品であることは、

間違い無いのだろう。


本作をお薦めするかと問われると、

とても迷う作品だ。

諸刃の剣みたいな危険な香りのする作品でもある。


ただはっきりと言えることは、

その時代に爪痕を残し、

時の洗礼を受けても色あせない名作ということだ。

 

余談だけれども、

久保田早紀さんの代表曲『異邦人』は、

おそらく「旅先での行きずり相手」というような意味、


「地元ではない人」ということだろう。

これもまた情緒のある名曲、


前に中島みゆきさんの『ファイト!』でも動画をリンクした歌い手さんが歌っていた。


 

「幼稚な全能感」ってやつ

f:id:tureture30:20200505123144j:image

 

人には「自己肯定感」が必要だ。

 

自尊心だとか自尊感情

アイデンティティと言い換えてもいいかもしれない。

 

地位や名誉、

資産や肩書き、


そういう物を手に入れるほどに、

その人の自己肯定感は高まる。


一見するとそうだろう。


だけれども、

そういうものを心の拠り所にすると、

それを失った途端に、

自分が何者だかわからなくなる。

 

手に余る栄光を手に入れたことで、

人格まで変わってしまう人もいる。

 

「自分は優れているんだ」って、

他人の評価でしかそれを確認できなくなる。

 

一種の依存症だ。

 

人は強烈な高揚感を経験すると、

その対象に依存することになる。

 

それが強烈であればあるほどに、

抜け出せなくなってしまう。


今まで積み重ねてきたもの、

裸になっても離すことができないもの、

 

そういうものが、

自分自身の本当の価値なんじゃないかな。


きれいに着飾って、

得意気に名刺を忍ばせて、

預金通帳を眺めながら自己肯定感を高めたって、

最後はすべてを手放すことになるのだ。


ありのままの自分を好きになってあげないと、

結局はどこかで行き詰まる。


誰が見ていても、

見ていなくても、

自分は自分のことを見ている。


だから自分のことを嫌いになるような行動はしない。


そういう積み重ねで、

「自分の価値を認めてあげること」

それを徐々にできるようになるんじゃないかな。


誰かに認めてもらわないと、

自分のことを認めてあげられない。

 

それでは余りにもかわいそうだ。

 

誰かに自分の価値を委ねたところで、

いつまで経っても救われない。

 

どこかで変わらなければならないのだ。


「幼稚な全能感」を捨ててさ。

「自分にはできない」ってことを認めようよ。

「自分は大したことない」ってさ。

 

そこから始まるんじゃないかな。

 

「自分が何者かを知りたい」

 

そういう言葉をよく聞くけれど、

それって本当に必要なことなのかな。

 

その言葉の頭には「誰かと比べて」って、

そんな言葉がつくんでしょ。

 

本当はさ。

自分は誰よりも自分のことを知っているけれど、

「不甲斐ない自分」を認めてあげたくないだけ、

 

人生は長いから、

上手くいくこともあれば、

上手くいかないこともある。

 

上手くいったことばかりに縛られると、

どうしたって上手くいかない時の自分を認めてあげられなくなる。

 

「ダメな自分を無条件に愛する」

 

それってとても難しいことだけれども、

一人の時間を取れる今だからこそ、

それに取り組むべきなのかな。

 

人は孤独と友達になれなければ、

真に大人にはなれない。

 

自己肯定感の源泉って、

自分で自分の価値を認めてあげること、

 

いい年して子供のままなのは嫌だな。

死ぬまで子供のままでは嫌だな。

 

どこかで手放してあげないと、

 

長いこと仲良くしてきて、

いつだって自分を守ってくれた。

 

「幼稚な全能感」ってやつを、

 

失恋の時効について

f:id:tureture30:20200504130946j:image

 

惹かれる力が強ければ強いほど、

それを失った時の反動は大きい。


「信じていたのに…」


その気持ちを解消するために、

より大きく遠ざけようとするのだ。


「失恋の痛みを解消するのに、

どれくらいの時間が必要ですか?」


そんな根のない言葉がネット上に踊る。


1か月?

3か月?

いや1年?


「1日寝れば忘れてしまいます」

「死ぬまで忘れることはできません」

 

様々な回答がある。
そんなものに決まりはないのだ。


それを形作るものは積み重ねてきた経験、

千差万別である。


「忘れようとしないで、

それを糧に生きていくことが大事なんじゃないかな?」


最も共感を生む、

ポピュラーな回答がこれみたいだ。


私も長いこと苦しんだ。

いや、「苦しんでいる」か。

現在進行形だ。


本当に苦しかったときは、

そこに答えなどあるはずもないのに、

藁をもすがる思いで検索ばかりしていた。


調べれば調べるほどに、

思考はそれに支配される。


「今はそういう時期」


割り切りながら生きてきたけれど、

最近ようやく気がついた。


「失恋に時効なんてない」


その時に不幸を感じているならば傷として、

幸せを感じているならばきれいな思い出として、

いつまでも残り続けるのだ。


「恋は罪」


こんなにも心を震わせた経験、

それを忘れることなどできない。


一度心を奪われたら最後、

「返して欲しい」と願っても、

その気持ちが戻ることはない。


本気の恋って、

そういうものなんじゃないかな。


だから恋をするたびに、

人は心を削るのだ。


目には見えない、

大切な部分を削って相手に差し出すのだ。


それでもダメだったら、

どこかで折り合いをつけて、

残った気持ちで勝負するしかない。


一番最初の恋が成就して、

そのまま結ばれたら、

どんなに素敵なことか。


私にはもう、

折り合いをつけるだけの気持ちすら、

残ってはいないのかな。


だから相手に気持ちを差し出すことを求める。

自分の気持ちを差し出すことが怖いから、


HY『てがみ』


「やっぱり恋には時効などないのかな。

今日も君を後悔と共に思いながら…」


私は私の関わるすべての人が、

幸せに生きられればいいと思う。


だけれどもあいつだけは、

その幸せを願うことはできない。


自分で手放さない限り、

恋には時効などないのだ。


「恋は罪」というのならば、

いっそのこと逮捕して、

その罪を償わせてくれ、


それでこの気持ちを手放せるならば、

自由などいらない。

 

ゲームが人に与える効果

f:id:tureture30:20200503100009j:image

 

近ごろ時間ができたものだから、

久々に連絡を取った友人に誘われてアプリのゲームを始めた。

 

それまでは気にもしなかったが、

意識すればやたらとCMをしているやつだ。

このシリーズの往年の名作は一通り経験している。

 

名前は伏せるけれど、

オートバトルだからテレワーク中も勝手に進めてくれるし、

コツコツとやればやるほどにキャラは強くなる。

 

なるほど、リアルは進まなくても、

ゲームの中では先に進んだ気になれるのか。

 

この点は確か、

精神科医香山リカさんが語っていたはず、

調べてもエビデンスはなかったのだが悪しからず、

 

「何も進まない」

 

それどころか、

いくら努力しても後退することもある。

リアルは努力の報われないことばかりだ。

 

掛けた時間が水の泡になることばかりだし、

「人間関係」という正解のないものと向き合い続けなければならない。

 

自らの意思で始めたわけでもないのに、

どうしようもないハンデを背負わされていることもあれば、

世間で言う攻略法と寸分違わない行動をしても、

クリア出来ない課題などザラにある。

 

「人生」ってまさに無理ゲーだ。

だから努力の報われるゲームに人はのめり込む。

 

人は居場所のないことには耐えられない。

だから居場所を求める。

 

ゲームの世界では自分は成功者、

他の人ができないことをやっている。

そうやって自尊感情を高める。

 

ゲーミフィケーション」って、

ビジネスやマーケティングにも応用されているけれど、

「積み重なる数字」には魔力がある。

 

人は数字の積み重なりに快感を覚えて、

その虜になる。

 

私もよくやっていることだけれども、

努力するためには達成可能な目先の数字を目指して、

それを達成したらすぐにまた少し先の目標を立てる。

それが効果的らしい。

 

例えば筋トレをする時に、

まずは10回を目標にやる。

そのあとは15回、そして20回と目標を上げる。

最後は「あと一回」の繰り返しだ。

そうやって限界まで追い込む。

 

その積み重ねで少しずつ限界を超え続ける。

それこと「数字の魔力」だ。

 

だからゲームにハマるって、

「数字の魔力」に魅了されるってことなのかな。

 

リアルでは満たされない欲求を、

数字の積み重ねとともに実感する。

 

人は報われる努力が好きなのだ。

自分の努力を信じるために、

そしてゲームの世界では英雄になれる。

 

その射幸心を煽るビジネスモデル、

それでプロ野球の球団を持てるくらいだから、

なんともうまくできているものだ。

 

「先に進んでいるかわからない」

 

そんな情勢だから、

確かなものが欲しくて、

「感染者数」や「株価」なるものに夢中になる。

 

鬱々とした不安を癒すために、

ゲームの中では前進していれば良い。

 

やるべきことはしっかりとこなした上で、

それに夢中になっていれば、

気がついた頃には状況は変わっているかもしれない。

 

生活を乱さない範囲内で、

ゲームに夢中になるのも悪くないのかもしれない。

 

デジタルに支配されているな

f:id:tureture30:20200502101625j:image

 

今日から5連休だ。

だけれどもあまり嬉しくない。

こんな感覚は初めてかもしれない。

 

もちろん騒動により、

外出もできなければ、

指したる予定もないということは大きいだろう。

 

だけれどもここ最近テレワークなものだから、

メリハリがないのだ。

 

仕事に支障はない。

 

そうやって音楽を聞いたり、

アニメを流したりしながら仕事をしている。

 

そんな調子で自由に働いているものだから、

出勤する日は身構えるようになった。

 

毎日当たり前のようにしていたことなのに、

出勤するだけで、

なんだか特別なことのように思える。

 

まだ一ヶ月も経っていないのに、

働き方って大きく変わるのだな。

 

最も大きかったストレスから解放されて、

それはそれで嬉しいことなのだろうけれど、

なんだか私の感性はバカになってしまったみたい。

 

最近の記事には如実に現れているけれど、

心に浮かんでくる言葉が極端に減った。

 

人のことや作品のこと、

そればかり書いていて、

自分のことを書いていないのだ。

 

私のブログのテーマは、

「私と世界との関わり方」だ。

環境が変われば心も変わってしまうのかな。

 

人との触発で、

心を動かされる。

 

映像や音声では限界がある。

どこか無機質なのだ。

 

「情報」という目的のみを抽出して、

それ以外は濾過されてしまう。

 

そのフィルターに残されたところに、

「生と生との触発」があるのにね。

 

どうやら便利にするために、

それを無造作に捨ててしまうみたい。

 

「デジタルに支配されているな」

 

今の生活を振り返って、

なんだかそう感じる。

 

人とは触れ合わず、

画面とばかり向き合っている。

今回の騒動で、

それはより顕著になった。

 

きっとこれからの世の中って、

どんどんそっちの方向に進んでいくのだろうな。

 

「生身に触れたい」

 

少し前から話題になっていて、

動物と触れ合うカフェが人気みたいだけど、

それってそういう欲求から来るものなのかな。

 

「癒されたい」

 

だけれども、

デジタルでは人の心は癒えないのだ。

 

濾過されてしまったものばかりに囲まれて、

大事なところを捨てることに躊躇しなくなって、

 

そんな世界で生きていく。

私にはそういう覚悟を持つことはできないな。

 

ストレスと感じる相手とは関わりたくない。

そのくせ、人とは触れ合いたい。

なんとも身勝手なものだ。

 

だけれども、

その身勝手さも人間、

 

そうやって心広く構えることができれば、

不便な世の中でも楽園に変わる。

 

「便利じゃないと生きていけない」

それって進化なのかな?

 

テクノロジーの発達とともに、

人は退化していくようだ。

 

そう感じているのは私だけだろうか。

 

映画『ターミネーター』や『マトリックス

そういう世界に近づいているのかもしれない。

 

便利になればなるほどに、

失われるものもあるのだ。

 

使い古された表現だけれども、

人って「不完全だから互いに支え合う」

その漢字は「人と人とが支え合っている」

 

もちろんテクノロジーが発達しても、

インフラを管理したり、

事務作業に従事する人がいたり、

見えないところで人と人とは支え合っているのだけれども、

 

「なんでも一人でできてしまう」

 

そういう世の中って、

本当に便利なのかな?

 

なんでも一人でできてしまっても、

なんだか心は不自由だな。