人生はいつもちょっとだけ間に合わない

f:id:tureture30:20181212073548j:image

 

あの時ああしていれば、

もっとうまくいっていたのに、


あの時間をこう使っていれば、

成果を上げられたのに、


後悔先に立たず、


後から振り返ると、

もっと理想の自分に近づけたはずなのにと、

人はいつもそう思うもの、


それは真剣に生きている証拠、

現状から振り返って、

より良き人生を目指しているということ、


過去の自分の立場になってみれば、

そうすることしかできなかったはず、

その時の自分ではそれが精一杯、


努力すればよかったと思ってもできないし、

あの人に伝えればよかった一言も、

時間が作り出したもの、


悔しさを経験して初めて、

過去の怠惰に目が向くようになる。


それにしがみついて、

後ろ髪を引かれて、

前に進めないのは愚かなこと、


せっかく人生の復習をしているのに、

これから始まるテストに活かさないようなもの、


人生を予習することはなかなかできない。

だからこそ復習に夢中になる。


それ自体は素晴らしいこと、

だけどそれにこだわりすぎると、

いつの間にか次のテストは終わっている。


逃したら次は1年後かもしれないし、

二度と来ないかもしれない。


復習はほどほどに、