リメンバー・ミー

f:id:tureture30:20190610065039j:image

 

ディズニー映画『リメンバー・ミー

久々に泣いた映画、

カルマを表している。


血筋だとか、

家系だとか、

理性や規則では縛れない。


業というもの、


人には誰にも使命がある。

為すべきこと、


それを信じられないと、

生きることは無味無臭になってしまう。


彩りを与えるのは自分自身、

何を信じてどう生きるか。


ミゲルの選択は本能的なもの、

それでいて本源的なもの、


最後は音楽よりも家族、

「居場所に戻っていく」

それも素敵な選択、


人は居場所がなければ生きてはいけない。

利害ではなくて愛の繋がり、

それは何にも変えられない宝物、


ジョン・ラセターらしさ、

最後は家族の絆、

とても愛に満ちた人なのだろう。


リメンバー・ミー

「私を思い出して」


人は二度死ぬ。

一度目は命を失った時、

二度目は忘れられた時、


そういうテーマ、


「人はいつ死ぬと思う…?

心臓を銃で撃ち抜かれた時…

…違う不治の病に犯された時…

…違う猛毒キノコのスープを飲んだ時……

違う!!!…人に忘れられた時さ…!!!」


ONEPIECE』Dr.ヒルルク


命をつなぐために生きる。

それも一つ、


生きた証を刻むために生きる。

それも一つ、


生きるって、

単純なことではない。


最後の時に、

愛に包まれて、

愛する人たちに囲まれて、

生きた証を噛み締めながら、

一生を終えること、


それが、

何よりの幸せなのかもしれない。