電話してもいいですか?

f:id:tureture30:20190710224144j:image

 

突然の申し出だった。


まさかの提案に戸惑った。

嫌な予感しかしない。


またか。

いつだってうまくいかない。


「申し訳ないけれど、もう会うのをやめましょう」って、

そんな結末が頭をよぎる。


わざわざ電話でなんて律儀なことで・・・


「何時ごろにしますか?」


恐る恐る時間を確認すると、

「できれば寝る前くらいが良いです」って、

そう返ってきた。


「えっ」と思いながらも、

「ほっ」と胸をなでおろす。

まさかその提案で「お断り」はないはず、

そんなことをする奴はただの変態だ。


会うまでに時間が空いたから、

向こうも不安に感じていたみたい。


メッセージはあまり得意ではないようだし、

とんでもなく仕事が忙しかったから、

返事が滞っていたけれど、

気持ちが切れていたわけではなさそう。


1時間くらい色々なお話をした。


会う日のことから、

仕事のこと、悩んでいることまで色々と、


「うんうん」って、

ひたすら話を聞いた。


吐き出したいことがなくなるまで、

いくらでも話していていいよって、

そう伝えて、


最後は「ありがとう」って、

「また明日からも頑張る」って、

そう言ってくれた。


ずいぶんと時間が空いてしまったけれど、

少し言葉をかわしただけで、

グッと距離は縮まった。


言葉って不思議、


「心はつながっている」


そう信じられなくなりかけていたけれど、

少しの時間を共有するだけで、

それを信じるに足る根拠を与えてくれる。


あとは会ったときに不安材料を見せあって、

それでもお互いが前に進む選択をできるかどうか。


あと一歩、


「絶対に彼女を作る」って決めた目標の3ヶ月間、

そこまではまだ半分も経っていない。


どうやら私が本気になれば、

3ヶ月なんて時間は必要なかったようだ。


私ってモテるのだから、


少し連絡が取れないだけで、

うろたえて卑屈になっていたくせに、

予防線を張ろうとネガティブに引き寄せられていたのに、


私って単純、

いや、この気持ちが単純に変えてくれた。

右に左に振り回して、

気持ちは少し落ち着かない。

 

「余裕を持って人を好きになれる人ってこの世にいるのかな」

あいみょん『ら、のはなし』

 

おそらくいたらそれは恋ではない類の「好き」なのだろう。

想いは募る。


でも、

「遊びではない」

それは彼女も言っていたこと、


楽しいだけの恋愛を求めているわけではない。

まだ超えなければならないハードルはある。


手を取って、

一緒にそのハードルを超えるために、

少なくとも私の方は、

一歩も引かない覚悟を決めなくてはいけないな。


調子に乗っていると、

足元を救われてしまう。


なんてったって、

10年以上もすれ違い続けているのだから、


生粋の恋愛ベタ、

恋愛ベタマスター、


私のヘタレさを舐めてはいけないのだ。

 

ありったけの勇気を出して、

あの子に気持ちを伝えたい。