心を無にすることなんて出来ない

f:id:tureture30:20191227070321j:image

 

存在を認識するだけでイライラする。

生活に支障が出るほどに、


憎しみって怖いもので、

放っておくとどんどん深まっていく。


「早くいなくなればいいのに」


そう思っているものだから、

いなくなっていないだけでイライラする。


そんなのはあいつの勝手なのだから、

別に私にどうこうする権利などないのに、


心が冷え切っているからなおさらだ。


「人の不幸の上に積み上げた幸せ」


それをのうのうと享受して、

加害者のくせに被害者ぶって、

周りを味方につけようとして、

ちゃっかりと居場所を確保している。


「本当に気持ちが悪い」


いくら吐き出しても楽にはならないな。

嫌いで仕方がない。


二股クソ女、


「無関心になりたい」


あいつが何をしていようが、

気にもならないくらいに、


だけれどもそれは無理なのだろう。


大したことではなくても、

バイアスがかかってイライラする。

もはや存在がストレス、


メタ認知は十分にできている。


どれだけ自分を客観視したところで、

どうしても許せない。


どうにかしたいと思っても、

どうしようもないのだ。


「満たされない」


結局はこの課題をクリアしないと、

満たされないのかもしれないな。


どんどん憎しみが深まって、

どんどん自分を嫌いになって、

そろそろコップから溢れてしまいそうだ。


あっちがいなくならないならば、

癪だけれどもこちらから離れるしかないのかな。


こんな環境を作っておいて、

のうのうと居座る。


不幸になる様を見たいとも思わない。

ただ目の前から消えてほしいのだけれども、

どうも望みは叶いそうにない。


仕方がない。

人を変えようとしたって変わるものではない。


これ以上、

あんなクソ女のせいで、

自分を醜くするわけにはいかない。


許せない。

どうしても許せないのだ。